冷蔵庫を散策していると、以前購入または作った挽き肉を見つけました。

さて、このお肉でハンバーグなどを作ろうと思います。

でも購入してからそれなりの日付が経っています。

気になるのは賞味期限ですよね。

挽き肉は肉の塊と違って空気に触れている範囲が多いです。

その為傷みやすいのは当たり前ですよね。

その為に冷蔵庫の中にしまいます。

でも挽き肉には気を付けなければならないのが「解凍品」です。

こちらは保存が効きませんので賞味期限を見ましょう。

今回はそんな挽き肉の賞味期限と食べられる消費期限について説明します。

賞味期限 冷蔵庫 挽き肉 冷凍

挽き肉の保存

まず、挽き肉はお肉の中で傷みやすい食材の一つです。

お肉の塊だったら表面から徐々に内部へと傷んできますが、挽き肉の場合は既にお肉が薄いので傷みやすいです。

挽き肉の賞味期限はお店によって様々です。

消費期限は約三日ぐらいだと言われています。

なので少なくとも賞味期限は三日以内でしょう。

冷凍保存の場合

挽き肉の保存のために冷蔵庫に入れたはいいが、結局は消費期限を少し遅らせるだけです。

なので賞味期限を気にしないのであれば冷蔵保存ではなく、冷凍保存をすることをお勧めします。

挽き肉の冷凍保存だと消費期限は二、三週間までに伸びます。

スポンサードリンク

食べられないと判断するコツ

挽き肉は傷みやすい食品です。

なので賞味期限がまだある、消費期限がまだある、といっても挽き肉の異常が判断した場合はすぐに捨てる方が良いでしょう。

お腹を壊しては元も子もありません。

食べられないと判断するポイントは、異臭がする、茶色く変色し始める。

これを発見すれば迷わずに捨てることをお勧めします。

まとめ

挽き肉はおいしいハンバーグなど柔らかいお肉を作るのに欠かせない食品です。

でも同時に傷みやすい食品であります。

そんな食品を保存しなくてはなりません。

保存には冷蔵庫は欠かせません。

でも最低三日ぐらいしか持ちませんので、二、三週間は保存を持つ冷凍保存がおすすめされます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事