鶏胸肉は家庭によっていろんな料理の食材として使用されます。

揚げたり、炒めたり様々です。

ビールのお供としても優秀ですね。

そんないろんな提供をしてくれる鶏胸肉ですが、当然賞味期限も関わってきます。

肉類は基本的に賞味期限より消費期限で見たほうが賢明でしょう。

なぜなら肉製品は傷みやすい食材です。

なので美味しく食べられる期間より、食べても安全な期間で見たほうが良いでしょう。

特に鶏胸肉と言うより、鶏肉は牛肉、豚肉と比べて水分を多く含んでいるため、圧倒的に傷みやすい食材です。

なので賞味期限も他の肉製品と比べると短いです。

でもそんな傷みやすい鶏胸肉は保存方法によって賞味期限が変わります。

今回はそんな保存法についての説明をします。

賞味期限 鶏胸肉 冷蔵 冷凍 解凍

鶏胸肉を保存や扱い方。冷蔵、冷凍、解凍

賞味期限の短い鶏肉を一日中放置するとあっという間に傷んで食べられなくなります。

その為、冷やして傷みを遅らせます。

賞味期限で見て、冷蔵保存の場合は大体三日ぐらいでしょう。

もちろん肉の部位によって様々ですが、鶏胸肉だと約三日です。

冷凍の場合

冷蔵の場合だと鶏胸肉の消費期限は三日ぐらいです。

でも冷凍保存を行えばそれ以上の賞味期限を得ます。

それは約二週間です。

驚きですよね。

でもお肉が傷む原因は水分が多く含んでいる製品が速いです。

なので水分を凍らせることで賞味期限を遅らせることが出来ます。

賞味期限ではなく、食の安全性で見れば冷凍保存された鶏胸肉の消費期限は頑張れば一か月です。

スポンサードリンク

美味しく解凍する場合

賞味期限とは別に、鶏胸肉を解凍するにも徐々に解凍した方が調理後に美味しくいただけます。

いきなり取り出した鶏胸肉を調理すればいろいろと傷んで美味しさが少し損なわれます。

おすすめの解凍は冷凍から冷蔵へと移して半日待ちます。

そうして時間をかけて解凍すれば調理する際お肉を傷めずに美味しく出来上がります。

まとめ

鶏胸肉のみならず肉製品は傷みた推食材です。

正しい保存法と解凍法を知っていれば美味しいお肉を口にすることが出来ます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク