家庭の食卓にも見られる鶏胸肉。

調理法はいろいろあります。

鶏胸肉をつかったどんな料理が好みですか?

鶏胸肉を購入したはいいけど、賞味期限どれぐらい持つのか気になりますよね。

買いすぎて結局一部の食材である鶏胸肉の賞味期限が過ぎてしまった。

でも賞味期限が切れる程度なら絶対に口にすることが出来ないわけではありません。

なぜならそれは消費期限ではなく、賞味期限なのですから。

賞味期限はスナック菓子や缶詰などに保存されている食品が大半で、主に食品が美味しく食べられる期間のことを意味します。

逆に消費期限はこの期限を過ぎたら食べられませんよと言う意味です。

今回はそんな鶏胸肉の賞味期限について説明します。

賞味期限 鶏胸肉 1日 2日 3日 4日

鶏胸肉の消費期限について

鶏胸肉の賞味期限というより消費期限基準で判断した方がいいかもしれません。

なぜなら肉製品は基本的に傷みやすい食品です。

なので鶏胸肉の消費期限は約三日だと言われています。

もちろん賞味期限の場合は期限を過ぎても口にしても良いですが、自己責任でお願いします。

鶏胸肉の食べてはならないライン

消費期限は期限内を過ぎたら食べられないという意味ですが、必ず食べてはならない、というわけではありません。

より安全に食べられるようにということで期限がより短めになっています。

なので消費期限を超えても食べられるのですが、かならず安全と言うわけではないので自己責任で。

 

スポンサードリンク

鶏胸肉の腐り

消費期限を過ぎても必ず食べられないと言いましたが、食べるにはまず、この鶏胸肉は未だに食べられるかを自身で鶏胸肉を判断しなければなりません。

判断するポイントとしては、異臭がする、変色している、ねばねばした液体が出てくるなどが判断ポイントです。

まとめ

以上が鶏胸肉の消費期限に関する説明でした。

家庭としてはいろんな料理にも使える食材ですが、肉製品ですので消費期限には気を付けなければなりません。

購入する際、買いすぎないようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク