お肉はご飯のお供として程よくマッチする食品です。

焼肉やトンカツ、そしてご飯ではないですけどビーフシチューとかもそうですね。

そのうちに挽き肉炒めや豚肉炒めも有名ですよね。

家庭でも料理する方もいますし、お店でも提供されたりします。

そんな美味しいお肉炒めですが、残してしまったらあなたはどうしますか。

賞味期限 ひき肉炒め 豚肉炒め

肉炒めの賞味期限について

実はと言うと挽き肉は、生のままで冷蔵保存するよりかは焼いて保存する方が保存期間は長いんです。

生のままで冷蔵保存すると大体三、四日ぐらいですが、炒めたものだと消費期限で表すと三、四週間ぐらいになります。

お肉は水分が多く含んでいる食品です。

水分は菌が繁殖しやすい環境となっています。

そのため空気中にある菌によってお肉が徐々に傷みます。

でもお肉を焼くと水分が少なくなるので、傷むスピードが落ちます。

他の方法でお肉を保存するとしては冷凍保存もおすすめです。

冷凍保存は水分を凍らせるため、菌が繁殖しにくくなるからです。

スポンサードリンク

食べられないと判断する場合

保存してもうっかりとかでお肉が食べられなくなる場合があります。

その時は捨てたほうが良いでしょう。

でも食べられないと判断するポイントはどこ?と言うと、異臭がする、色が変わっているなどが判断ポイントです。

まとめ

ひき肉、豚肉炒めなどはご飯の定番です。

一番は作ったその日のうちに食べきることです。

でも時にはうっかりで残してしまうことがあるでしょう。

その時は保存するしかありません。

気を付けなければならないのは消費期限ですね。

賞味期限は過ぎてもおいしく食べられないだけですが、消費期限は過ぎて食べたらお腹を壊してしまう場合があります。

でもお肉を焼いて冷蔵保存する場合は三、四週間と結構伸びます。

このやり方はお勧めしますので試してはいかがでしょうか?

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク