ゴボウはいろんな料理に使える万能食材です。

ゴボウを使った煮物や天ぷら、あるいは唐揚げなどもできますね。

有名なゴボウを使用した料理と言えばきんぴらごぼうです。

食べた瞬間、甘みと後から来るピリッとした辛さがたまらないですよね。

皆さんはどんなゴボウを使った料理がお好みですか?

もちろんゴボウが嫌いな方もいると思います。

さて気になるのはゴボウのふにゃふにゃ。

前に購入したゴボウが気が付いたらふにゃふにゃに柔らかくなっていた。

これ食べられるのか、と気になっていませんか?

今回はそんなゴボウについて説明していきたいと思います。

賞味期限 ごぼう やわらかい

ゴボウの賞味期限

一般的にゴボウの賞味期限は四日から六日だと言われています。

でもゴボウに土がついている場合は賞味期限が少し伸びます。

ゴボウに土がついていれば約二、三週間以上でしょう。

そんなゴボウをそれ以上保存する場合は冷凍保存もお勧めできます。

スポンサードリンク

ゴボウのふにゃふにゃ

以前購入したゴボウがなぜかふにゃっとしている。

これ食べても大丈夫かな?と思った方は少し待ってください。

ゴボウが柔らかくなった場合は食べられなくなっている可能性があります。

食べられないと判断するポイントはいくつかあります。

それは、触ってみてかなり柔らかくなっている、ぬめりが出ている、カビがある、異臭などがする、など特定するポイントがいくつかありますね。

それを確認できたら少しは警戒した方が良いでしょう。

でもゴボウが柔らかくなっているからと言っても必ず食べられないわけではありません。

多少柔らかい程度なら食べても問題ないです。

問題なのはかなり柔らかくなっている部分ですね。

まとめ

炊き込みご飯の食材にされたり、きんぴらごぼう、煮物などにも汎用性が高い食材です。

でもやはり気を付けなければいけないのは期限切れですね。

期限が過ぎたものを食べて体調崩したら悲しいです。

ゴボウは体にも良いので、美味しいゴボウを食べて体調がよくなる形でしめたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事