夏になると、スーパーで、パイナップルが果物コーナーに並んでいますね!

ですので、夏にパイナップルを食べる方は多いと思います!

また、パイナップルも、カットしてあるものや、丸ごとの物もあります!

そこで今回は、丸ごとパイナップルの賞味期限・パイナップルは常温・冷蔵・冷凍保存どちらなのかについてお話しします。

賞味期限 丸ごと パイナップル 冷凍 冷蔵 常温

丸ごとパイナップルの賞味期限ってどのくらい?

パイナップの賞味期限は、そのパイナップルの購入時・入手時の鮮度で変わります。

ですので、特別に何日後とは言えませんが、大体の目安の賞味期限はあります!

丸ごとパイナップルの場合の賞味期限は、大体、4~5日程度と言われています!

パイナップルの傷み具合を判断するには?

パイナップルは、見た感じ、あまりどのくらい痛んでいるかわかりづらいと思います。

そこで、これから、パイナップルが痛んでいる時のポイントをまとめます!

食べられない状態

パイナップルが痛むときは、基本的に皮側から痛んできます!

ですので、基本的に皮側が大丈夫であれば食べることが可能です!

パイナップルが痛んでいて、食べられない状態の特徴は以下の状態です!

  • 異臭がする
  • カビが生えている
  • 発酵臭がする
  • 果肉が透明化になっている
  • 食べたときに舌をさすようなピリピリした感覚がある

よく、パイナップルの中芯の付近が黒茶色に変色している場合がありますが、この状態の場合は、先ほどの痛んでいるポイントが当てはまってない場合は、食べることができます!

ですが、熟れすぎて変色している可能性がありますので、早めに食べてしまいましょう!

スポンサードリンク

パイナップルの保存方法は?

パイナップルの保存の仕方は、丸ごと・カットしている状態で変わります!

丸ごとパイナップルの場合

丸ごとパイナップルの場合は、常温での保存が可能です!

ですが、常温での保存でも、風通しのいい、冷暗所で保存してください!

保存の仕方は、葉の部分を下にして、新聞紙などで軽く包みます!

カットしたパイナップルの場合

カットしたパイナップルの場合は、冷蔵庫での保存になります!

保存の仕方は、カット面からの乾燥を防ぐためにラップで包み、ビニール袋に入れます!

パイナップルを長期保存する場合は、冷凍保存!

パイナップルを長期保存したい場合は、冷凍保存をおすすめします!

また、冷凍したパイナップルは、シャーベットのような感じになりますので、食後のデザートや、夏のおやつにちょうどいいと思います!

パイナップルの冷凍保存の仕方は、パイナップルの皮を剥き、食べやすい大きさにカットして、タッパーやフリーザーバックに入れるだけです!

まとめ

丸ごとパイナップルの賞味期限は、状態にもよりますが、大体4~5日と言われています!

また、パイナップルの保存の仕方は、パイナップルの状態によって異なりますので、気を付けてください!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク