かぼちゃは、煮物やサラダなど、料理で使いやすい野菜のうちの1つです!

ですので、かぼちゃが食卓に上がる家庭は多いんではないでしょうか?

また、スーパーでカットされているかぼちゃが時々白いことがありますが、果たしてこれはカビなのでしょうか?

今回は、かぼちゃの賞味期限・かぼちゃが白いのはカビなのか?についてお話しします。

賞味期限 かぼちゃ 白い カビ

かぼちゃの賞味期限は?

かぼちゃの賞味期限は、丸ごとかぼちゃの場合は、風通しよい場所ならば常温で1~2ヶ月ほどと言われています!

ですので、かぼちゃは、保存方法によっては、長持ちする野菜と言われています!

ですが、かぼちゃをぶつけてしまったなどして、傷が出来るとその部分から腐敗することがあります!

かぼちゃの皮は硬いので、ちょっとくらいなら、大丈夫だろうと考えちゃいそうですが、ぶつけた場所から、腐り始めちゃうんです。

ですので、いざ、かぼちゃを切ってみたら、中がどろっとしていた経験をしたことのある方は多いと思います。

かぼちゃの切り口が白い理由はカビ?

最近では、カットされているかぼちゃもスーパーで売っています!

そして、かぼちゃの切り口が白い状態の物もあることがあります。

ですが、この白い状態は、カビからではありません。

かぼちゃに含まれているでんぷん質が乾燥して、表面に薄く白く膜の様に張りついている状態ですので、カビではありませんので安心してください!

ですが、自宅でカットした状態で保存している場合は話が違います。

自宅でかぼちゃをカットするときは、ワタ部分を外しますよね?

実は、かぼちゃは、ワタ部分から腐敗しやすいと言われていて、見た目にもフワっとした白いカビがつきます。

この状態で、放置をすると、緑やピンクといったカビが付着してしまいます。

その場合は、身も柔らかくなって最終的には腐ります。

スポンサードリンク

かぼちゃの保存の仕方は?

それでは、自宅でカットした場合のかぼちゃの保存の仕方をお話しします!

カットしたかぼちゃの保存の仕方は、まず、ワタや種部分は取り除きます。

そして、その部分にキッチンペーパーを詰めて、全体をラップできっちり包んで冷蔵庫の野菜室で保存してください。

ですが、この保存方法でも、かぼちゃは、2~3日くらしか持ちませんので、早めに食べましょう!

もし、長く持たせたい場合は、フリーザーバッグに入れて冷凍保存をすれば、1カ月ほどは持ちます!

まとめ

かぼちゃは、丸ごとの場合は、1カ月ほど持ちますが、カットしてしまった場合は、すぐに使い切りましょう!

また、かぼちゃは、すぐに痛みやすいので、保存方法がとても大事です!

また、スーパーで売っているカットしてあるかぼちゃの切り口が白いのは、カビではないので安心してください。

ですが、自宅での保存での白いのは、カビの恐れがありますので気を付けてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事