レトルト食品のたらこパスタソースは、メーカーによって異なることもありますが、常温保存で1年半の賞味期限となっています。

たとえ賞味期限切れになっていても未開封ならばもう1年持つとのことです。

賞味期限 たらこ パスタソース

非常時にも重宝するパスタソース

非常用としてストックしておくのもいいようですよ。

しかし、保管の仕方が悪いと、臭いがおかしくなったり、変色したり、変な味がしたりするようですので、そのような場合は、すぐに捨ててください。

温めたり冷ましたりの繰り返しはタブー

一度未開封状態で、湯せんにしたけれど、一度も開封して食べなかったという場合、冷まして常温保存しておけば、賞味期限内であれば、食べられるんだそうです。

中の水分はそのままで、品質の変化はないようですね。

しかし、何度も温めたり、冷ましたりを繰り返すと中身が傷みやすいので、それだけはしないでください。

スポンサードリンク

使い切れなくても冷凍保存も可能

開封後パスタソースを使いきれずに、処理に困ることがありますよね。

そんな時は、冷蔵保存で1~3日は大丈夫だそうです。

冷蔵庫で数日置いたままにしておいて、あとでささっと作れるお手軽レシピで何か作ろうという風にもできますし、自分でオリジナルの味付けで、そのパスタソースをアレンジするのもいいんじゃないかなと思います。

それ以上おいておきたい場合は、冷凍保存をおすすめします。

2週間は持つようですので、すぐに使わなくても、また今度というときは、冷凍保存しておきましょう。

まとめ

レトルトのたらこパスタソースなど、種類にもよるのですが、賞味期限は大体1年半位と見ていいでしょう。

未開封で保管状態が良い場合は、もう1年は持つとのことです。

未開封で一度湯せんなどで温めても、冷まして常温に戻し保存すれば、賞味期限までは問題なく食べられるようです。

ただし、温めたり冷ましたりを何度も繰り返すのは厳禁で、却って中身を傷ましてしまうので気を付けましょう。

賞味期限に限らず、なるべく早めに食べるようにしたほうが美味しく頂けますので、買ったら忘れないように目のつきやすい場所に保管するようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事