スーパーやお取り寄せでカニを購入したら冷凍で届くことが多いと思いますが、おいしくいただく為には解凍方法が実は重要なのです。

またおいしくいただく為に賞味期限についてもよく知っておくと役立つこともありそうです。

賞味期限 カニ 解凍

解凍の際は乾燥させないことが大事

カニは出荷時身が乾燥しないよういろんな工夫がされています。

例えば、瞬間冷凍やカニの表面を薄い氷で覆うなどです。

そうすることで、カニの身が乾燥するのを防げるのですね。

そのような工夫を生かすよう、解凍時身を乾燥させないように注意しましょう。

カニのうまみを逃がさず解凍するには冷蔵庫(冷蔵室)で、ゆっくり解凍させるのが効果的です。

冷蔵室でじっくり解凍する方法

冷蔵庫でゆっくり時間をかけて解凍させる場合、カニをラップに包んだ状態でお皿などに乗せて冷蔵室に入れておきます。

また、カニを仰向けにした状態にしてください。

甲羅部を下にすると、カニ味噌が流れ出すのを防ぐ効果があります。

解凍にかかる時間は、小さいカニの場合1日程度、大き目のカニは、1日では十分に解凍できませんので1日半かけて、しっかり解凍したほうがいいです。

スポンサードリンク

冷凍カニの賞味期限

冷凍カニの賞味期限についてですが、冷凍カニの賞味期限は冷凍状態と冷蔵状態とで違ってきます。

冷凍の場合、味が落ちる前にできるだけ早くお召し上がりください。

冷凍状態なら1ヶ月程度、冷凍後、冷蔵保存にした場合2~3日程度で食べきるようにしましょう。

解凍後、再度冷凍すると、味や風味がかなり劣化しますので解凍後は冷凍しないで冷蔵庫で保存し、2~3日以内に食べきりましょう。

まとめ

冷凍カニは時間とともに風味が落ちてきますし、酸化もしますので、あまり長く置くと体にもよくありません。

いくら冷凍してあっても、冷蔵庫でゆっくり解凍している間も確実に味は損なわれてゆきます。

カニはメニューにあるとそれだけでテンションがあがりますよね。

カニといえばみなが認める高級食材ですので、解凍法や賞味期限に注意して、一番おいしい状態で食べるようにしたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク