パスタソースはあると便利なのですが全部使い切れずに残してしまったり、未開封であるけれど賞味期限が過ぎてしまっていたりという経験あると思います。

そこでパスタソースの賞味期限は未開封と開封後ではどのくらい持つのか気になったので調べてみました。

賞味期限 パスタソース 開封後 未開封

パスタソースの賞味期限

未開封の場合

パスタソースはメーカーや味の種類、容器によって賞味期限が異なってくるようなんです。

例えば、レトルトのパスタソースの賞味期限の場合は製造した日も含めて約1年半と設定されている所が多く、賞味期限が過ぎたとしても保存状態が悪くなければ1年近くまでもつみたいですよ。

ただし、袋が膨張していたら傷んでいる証なので処分してください。

また、膨張していないから大丈夫と思っていても、開けてみたら異臭がしたり変な色になっていたりしている場合も傷んでいるので使うのはやめた方が良いみたいです。

缶詰のパスタソースの賞味期限の場合は保存食として作られているので、2~3年と設定されている物が多いんだそうです。

しかも、缶が変形していたり保管場所が悪いなどそういったのが無ければ、5~10年ほどは持つと言われています。

しかし、レトルトと同様に缶が膨張していたり異臭がしたりするなど異変がある場合は使うのはやめておいた方が良さそうです。

スポンサードリンク

開封後の場合

では、開封後のパスタソースの賞味期限ってどのくらい持つの?って気になりますよね。

実はどのパスタソースも開封してしまうと空気に触れて酸化しやすくなるので、1~3日以内に使い切ることをおススメされているんです。

なので、開封後はパスタ以外の料理に使うなどアレンジしながら使い切るようにするか、ジップ付きの袋など密封容器に入れて冷凍保存すると1ヶ月ほどは持つようなので、冷凍保存するようにしてみてくださいね。

まとめ

パスタソースの賞味期限は未開封の場合はレトルトだと約1年半、缶詰だと2~3年も持つことが分かり、開封後だとどれも1~3日以内に使い切るようにした方が良いみたいですね。

また、どうしても使い切れない場合は冷凍すると長持ちするんですね。

どちらにせよ、パスタソースは期限内に使うのが一番安全でおいしいと思うので、しっかりと賞味期限管理して美味しく頂きたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事