ニンニクの芽を炒めものとして使うこともあります。

旬の時期は5月初旬~6月くらいとなっていますが、中国産であれば1年中食べられるようです。

ニンニクを育てればその分芽も収獲されます。

もし栽培されているのなら、長期間保存できれば無駄にせずに済むので、保存方法も挙げていきます。

賞味期限 ニンニク 芽

冷蔵庫での保存方法と賞味期限

ニンニクの芽を冷蔵庫で保存する場合は乾燥を防ぐことが大切です。

ニンニクの芽は収獲の時にどうしても切り口が残るので、そこから水分が逃げるのを防ぎましょう。

保存方法

冷蔵庫で保存する場合は濡れた新聞紙やキッチンペーパーで包みます。

そしてポリ袋やジップが付いている袋にいれて水分が飛ぶのを防いだ状態で保存します。

賞味期限

冷蔵庫保存では長くは日持ちしないので、正しい保存方法で2~3日程度です。

3日は大丈夫だからと保存するのではなく、できることなら早めに使い切るほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

冷凍庫での保存方法と賞味期限

ニンニクの芽は冷凍庫でも保存ができます。

2日程度で使い切れない場合は冷凍保存がお勧めです。

冷凍保存の場合は手順があります。

保存方法

最初にニンニクの芽をしっかりと洗います。

その後1分程度茹でます。

蕾が付いている場合は、蕾の部分は15秒ほど茹でるとよいでしょう。

茹でたら冷水にさらします。

粗熱を取る程度で大丈夫です。

使う時の大きさに切ってから水気をキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

使いやすい量に分けてラップで包み、ジップが付いた袋に入れてから冷凍庫で保存しましょう。

使う時は電子レンジなどで少し解凍してから使いましょう。

賞味期限

冷凍保存などで1ヶ月程度は保存できるようですが、保存期間が長くなるほど味が落ちていくので早めに使う方がよりおいしく食べれるようです。

まとめ

冷蔵と冷凍で保存方法が異なるので注意が必要です。

冷蔵では水分が逃げないようにするのがコツです。

冷凍では茹でたり熱を取る工程が必要なので、しっかりとしてから保存するようにしましょう。

冷蔵で数日、冷凍で1ヶ月ほど大丈夫ではあるようですが、保存期間が長くなるほど味が落ちていくので早めに使った方がおいしく食べられるようです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク