焼き芋はお好きですか?

最近ではお取り寄せで、真空パックのものが売っているようですね!

私は真空パックのものを食べたことはないのですが…。

家で焼いても美味しいですよね。

少し焼くのが大変ですが…。

そんな焼き芋の真空パックのことと、焼き芋のそれぞれの保存方法での賞味期限を調べてみました。

賞味期限 焼き芋 真空パック 常温 冷蔵庫 冷凍

焼き芋の真空パックについて

焼き芋の真空パックについて調べてみたのですが、ネットショッピングの情報がほとんどでした。

ただ、真空パックで焼き芋を売る際は保健所に届け出ることが必要になってきますので無断では販売できないのでご注意ください。

常温での賞味期限

常温での焼き芋の賞味期限は、2~3日程度です。

もちろんその時の環境状態や芋の品種によって変わってきます。

常温での保存で食べきれない場合は冷凍保存する方が良いと思います。

冷凍での賞味期限

焼き芋を冷凍保存する時は、熱いうちに密閉することが重要になってきます。

そうすることで蒸気を閉じ込め、焼き芋がパサパサにならないそうです。

もしも冷めてしまっている焼き芋を冷凍で保存する場合は、もう一度オーブントースターや電子レンジで温めてから保存すると良いです。

フリーザーバッグで保存し、しっかり空気を抜いてあら熱が取れたら冷凍庫で保存します。

切らずに一本丸ごとで保存する方が、美味しさが保てるようです。

賞味期限は1か月半~2か月程度です。

解凍の方法は、袋から出してラップをかけずに電子レンジで2~3分温めて食べてください。

長く温めすぎると煮えてしまうことがあるので注意が必要です。

もう一つ、冷蔵庫で半解凍にしてからオーブンで温める方法もあります。

スポンサードリンク

冷蔵での賞味期限

冷蔵での保存の賞味期限は4日程度です。

保存方法は、冷凍と同じ方法で袋に入れて出来るだけ空気を抜いて保存すると良いと思います。

冷蔵保存でも常温とあまり変わりない賞味期限なので、すぐに食べないのであれば冷凍で保存する方が良いかと思います。

まとめ

焼き芋の真空パックについての情報が少なくて申し訳ございません。

自分で真空パックに入れて販売したい!ということであれば、必ず保健所に届け出を出さないといけませんのでそこだけご注意ください。

常温での保存と冷蔵での保存は賞味期限があまり変わりませんでした。

一番長持ちする方法は冷凍保存です。

風味も落ちにくいようですので、すぐに食べきれないようであれば、冷凍で保存することをおすすめします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事