皆さんは塩鮭を買って余った時、賞味期限のことを気にして保存しますか?

私の家は百貨店の物産展なんかで買った鮭は余ると冷凍保存して食べたいときに回答するようにしています。

しかし、冷凍だからといっていつまでも持つとは言い切れませんよね?

そんな塩鮭の賞味期限を調べてみました。

賞味期限 塩鮭 切り身 冷凍

塩鮭の切り身の賞味期限について

塩鮭の切り身の賞味期限は基本、甘塩のものは2~3日で塩味の強いものであれば4~5日程度です。

甘塩のものと少し塩味の強いものでは賞味期限も違うのですね!

スーパーで買って来たら、普通は賞味期限か消費期限が書いてあると思うのでそれを目安にすると良いと思います。

塩鮭は水分があるとそこから傷みはじめるそうなので、しっかりと水分を取ってから保存するようにしましょう。

冷凍保存の賞味期限

塩鮭は冷凍保存をすることができます。

密閉袋や容器に入れてそのまま冷凍保存をして2~3週間程度持ちます。

また、生の鮭も同じくらいの賞味期限だと思っていてください。

2~3ヵ月ほど前に冷凍した塩鮭を見つけて食べようかな?と思うこともあると思います。

一応は食べられますが、味が衰えたり冷凍焼けをしている可能性があります。

必ず、食べる前にカビが生えていないか、食べた時に変な味がしないか?

しっかりと確かめてから食べるようにしてください。

出来るだけそのようなことがないように、早めに食べることをおすすめします。

スポンサードリンク

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存では2~3日が目安と思っていてください。

もっと長く保存したい場合は、冷凍保存をおすすめします。

栄養価

主な栄養価はアスタキサンチン、オメガ3脂肪酸(DHA、EPA)ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、セレン、リンなど様々です。

アスタキサンチンは鮭の赤みを作っている成分です。

実はこの成分、強い抗酸化力を持っていて、細胞膜の内側・中心部、また目や脳といった重要な場所にも効果を発揮すると言われているのです!

鮭の皮のすぐ下には、不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸が含まれています。

この中にはDHAやEPAが含まれています。

この2つは生活習慣病に効果があるといわれています。

皮と一緒に食べた方が、より効率的に栄養が摂取できるので出来るだけ皮ごと食べることをおすすめします。

まとめ

塩鮭の切り身の賞味期限は約2~3日です。

冷凍すると2~3週間程度ですが、こちらも冷凍焼けする前に早めに食べることをおすすめします。

冷蔵保存も冷凍保存でも違和感があったら、何かあってからでは遅いので食べずに破棄するようにしてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク