皆さんはハヤシライスはお好きですか?

私は家族も含め好きですよ!

たま~にですが、ハヤシライスのルーの賞味期限が切れてしまっていた!!

なんてことありませんか?

そんな、期限切れのルーは使っても大丈夫なのか…。

調べてみました。

賞味期限 ハヤシライス 切れ

ハヤシライスの腐敗したものの状態

ハヤシライスの腐敗した状態はカレーなどと同じで菌が繁殖してしまいます。

最も腐敗しやすい状態は洗ったジャガイモやお玉でかき回してしまった時だそうです。

特にジャガイモは傷みやすいようなのでそこから腐敗していく可能性が高いようです。

保存する時はジャガイモを取り除きしっかり火を入れて、ふたをして、火をかけた後はかき回さずにして冷蔵庫で保存することをおすすめします。

ルーの賞味期限が切れていた

ハヤシライスのルーが賞味期限切れで見つかった!

そんな時は皆さん使っているようです。

ただし未開封の場合ですが…。

一応は、食べても何もなかったようです。

今の世の中、物価が上がっているので賞味期限が多少切れていても使う方がほとんどのようです。

私の家でも多少期限が切れていても使うことが多いですが、これは自己責任で使うことになるので、私はあまりおすすめしません。

賞味期限切れのルーで作って、万が一変な味がした場合はもったいないですが食べずに破棄してください。

スポンサードリンク

ハヤシライスとハッシュドビーフの違い

ハヤシライスとハッシュドビーフ、一体何が違うのでしょうか?

ハッシュドビーフは薄切り牛肉と玉ねぎを炒めデミグラスソースで軽く煮込んだ料理のことです。

実は、ご飯にかけて食べるものではなくそのまま食べる料理です。

また、西洋料理と思われがちのハッシュドビーフ…。

実は日本で独自に生まれた洋風料理だそうです。

海外では、刻んだ野菜と肉を煮込んだ料理のことでしたが、日本に伝わった時にデミグラスソースを加えて1つの料理として完成しました。

一方、ハヤシライスは牛肉と野菜を炒めてトマトソースで煮込んでご飯にかけた料理です。

作り方はハッシュドビーフと変わらないのですが、違いと言えばトマトを加える点です。

しかし、ハッシュドビーフにもトマトを入れることが多いのも事実なのですが、トマトの比率が高くご飯にかけて食べるものがハヤシライスという考えが一般的です。

まとめ

ハヤシライスのルーの賞味期限が切れていても基本的には使っても大丈夫なようですが、これはすべて自己責任になるので注意が必要です。

味がおかしいと思ったらもったいないという気持ちはあると思いますが、すぐに破棄するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク