皆さんはよくコーヒーを飲みますか?

私は残念ながらコーヒーはあまり飲みません。

よく飲む人はどのような状態で保存されているコーヒー豆を買いますか?

缶、瓶、アルミの袋、真空パック…。

様々な方法で保存されているものが売っていると思います。

今回は真空パック保存についてと焙煎後の賞味期限について調べてみました。

賞味期限 コーヒー豆 真空パック 焙煎後

コーヒー豆の真空パック保存

実は、新鮮なコーヒー豆は真空パックで保存できないようです。

コーヒー豆を包装する時は、ガスの透過が必要で古い豆でなければ真空パックでも保存は出来ないようです。

ガスが抜けていない状態の新鮮なコーヒー豆ではずっと置いているとパンパンに膨れ上がってしまいます。

一般に真空パックで保存されている豆は焙煎後5~1週間以上たった豆だと思っていていいと思います。

コーヒー豆は焙煎後から1週間くらいは二酸化炭素を出し続けるので、それより前に真空パックに保存するのは向いていないようです。

真空パック後の賞味期限

真空パックで保存されたコーヒー豆自体が、あまり良い豆とは言えません。

上記で記載した通り、真空パックで保存される豆は新鮮なものではありません。

また、真空パックで保存されたコーヒー豆のはっきりとした賞味期限は分かりませんが、もともとあまり良い豆ではないので、出来るだけ早く飲む方が良いかと思いますし、真空パックだからといって酸化しないというわけではないので、出来れば真空パックで保存されているコーヒー豆を買わない方が良いかと思います。

スポンサードリンク

焙煎後の賞味期限

コーヒー豆は焙煎後直後から成分の化学変化が始まります。

豆の種類にもよりますが、焙煎後3~4日くらいでバランスよくコクや香りが出てきます。

焙煎からの賞味期限は2~3週間くらいが目安です。

美味しい飲み方

コーヒーの美味しい入れ方は、しっかり豆の分量を量ります。

1杯当たりの量は10~12g程度です。

お湯の温度は適温で入れましょう!

適温は82~83℃くらいがベストです。

温度が低すぎると酸味が強くなり、熱すぎると苦みが強くなってしまいます。

抽出液の量を守りましょう!

1杯当たりの抽出量は150㏄を目安にします。

まとめ

真空パックで保存されたコーヒー豆は少し古くなったものが多いようです。

新鮮なコーヒー豆が良い場合は他の状態で保存されているものを選ぶようにしましょう。

焙煎後の賞味期限は2~3週間です。

それくらいを目安に飲むようにして、自分の好きな風味の時期を見つけてみてください!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク