賞味期限が切れてしまったヨーグルトや牛乳は廃棄しないとだめ?

なかなか表示の期限内に使いきれないことってありますよね。

そんな時皆さんはどうしていますか?

アイスって賞味期限が表示されていないけれど、どうして?永遠に保存が出来るのでしょうか。

それぞれの賞味期限の目安について調べていきたいと思います。

賞味期限 ヨーグルト アイス 牛乳 目安

ヨーグルト、アイス、牛乳の賞味期限

ヨーグルトの賞味期限切れ。

まだ未開封だけど食べれるかな?

期限が切れたからといって急激に悪くなるものではありませんが、目安としては期限後1週間ほどでしょうか。

しかし未開封に限ります。

開封後はなるべく期限を守り早めに食べることをおすすめします。

牛乳の賞味期限切れ。

これもよくありますよね。

未開封のまま期限切れの場合でも2、3日は飲むことが出来るようです。

しかし開封後は期限内に早めに飲み切るようにしましょう。

アイスの賞味期限。

なぜパッケージに賞味期限が表示されていないのでしょうか。

不思議ですよね。

これは法律上、省略してもいいことになっているそうなんです。

冷凍室での保存なので菌が繁殖することがなく、劣化することも見られいということが理由のようです。

ただ家庭の冷凍室だと開け閉めすることも多い上、長く保存していると霜がついたり、色味に変化も出てきたりします。

もちろん味も落ちてきます。

購入後、おいしく食べることが出来る期間の目安は1カ月程度ではないでしょうか。

期限切れは料理に活用しよう

やっぱり表示されている期限が気になる方は料理に活用しましょう。

牛乳だったらシチューやグラタン、ホワイトソース、お菓子作り。

ヨーグルトはお菓子はもちろん、タンドリーチキンを作る時には肉を漬け込むことで柔らかくジューシーに仕上がります。

これだと大量消費できるので、無理してヨーグルトを食べてしまわなくても簡単に使ってしまうことが出来ると思いますよ。

スポンサードリンク

アイスだって活用できる

そのまま食べても美味しいアイス。

でもプリンやケーキなどいろいろなお菓子作りにも活用できます。

クリームやフルーツを添えてパフェにしてもいいですよね。

子供のおやつに買ってきたアイスをポンと渡すより、ちょっと豪華に盛り付けてあげることで小さなお子さんはとっても喜ぶと思いますよ。

まとめ

賞味期限は目安ですが、保存の仕方や気候の変化で品質の維持は変わってきます。

開封後は出来るだけ早く食べるように心掛けたいものですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク