オレンジにもいろいろ種類がありますが、スーパーでは比較的一年中売られている果物です。

輸入品の方がよく見られるような気がしますが。

日本原産のものは海外のものに比べるとちょっと割高ですが、やっぱり美味しいんですよね。

ところでオレンジって常温保存?冷蔵保存?購入後にふと考えてしまったりしませんか?

一度に食べてしまえない時の上手な保存法が知りたいですよね。

オレンジの賞味期限の目安とあわせて調べていきたいと思います。

賞味期限 オレンジ 常温 冷蔵庫 冷凍

オレンジの賞味期限と保存方法

冬場や涼しい季節だと常温保存が可能です。

常温期間の目安は1~2週間程度。

袋のまま、箱のままの放置するのではなく、1個1個を新聞紙などで包むと長持ちします。

夏場は傷みが早くなるので野菜室に保存しましょう。

野菜室での保存も1~2週間を目安としてください。

そのまま入れると乾燥してしまうのでビニール袋などに入れて保存しましょう。

もう少し長く日もちさせたい場合は冷凍保存させてください。

冷凍室での保存期間の目安は2~4週間程度です。

ラップに包んでそのまま保存しましょう。

カットして冷凍保存しよう

丸ごと保存も出来ますが、あとあと食べやすいように小分けすると便利ですよ。

周りの皮を剥ぎ、一房ずつわけます。

冷凍用の保存袋の重ならないように並べましょう。

あとは凍らせるだけです。

解凍後はそのまま食べても冷たくて美味しいですが、ミキサーにかけてジュースやスムージーを作っても美味しく頂けると思います。

スポンサードリンク

おいしいオレンジの見分け方

バラ売りされている時に美味しいオレンジを選ぶコツです。

手に取って比べてみてください。

軽いものよりもずっしりと重みがあるものを選びましょう。

色味も濃く鮮やかで、つやがあるものが美味しいです。

果皮がフカフカしていたり形がいびつなものは味が落ちていることもあります。

避けた方がいいかもしれません。

あまりあれこれ触るとお店にも他のお客様にもご迷惑になるので、控えめに比べてささっと決めましょうね。

まとめ

段ボール箱にオレンジやミカンを入れたままにしておくと、底の方はカビが生えて腐っていることもありますよね。

定期的に上下を入れ替えるといいのですが、もしカビが生えているものを見つけたらすぐに処分するようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事