もやしは賞味期限が短く、そのままの状態だと2~3日しか日持ちしませんよね。

安くてまとめて買いたいけど、使い切れなかったらもったいないし冷凍してもやし独特のシャキシャキ感がなくなってしまうのも嫌ですよね。

また、豆腐も特売だと100円以下で買えることから、できる事なら安い時にまとめて買いたいけど、冷凍してしまうと調理に使いづらいなど少し迷ってしまいますよね。

そこで、今回は賞味期限を延ばして日持ちさせるためにレンジを活用する方法を調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

賞味期限 豆腐 もやし レンジ

豆腐の賞味期限をレンジで延ばす方法

豆腐はパックを開けてしまうとその日のうちに使わないと劣化が始まってしまいます。

しかし、その日のうちに使えない場合はレンジでひと手間加えて賞味期限を延ばすことができます。

開封後の豆腐の冷蔵保存方法

未開封の状態であればパックのままで3~5日は保存が可能ですが、開封してしまった後は、最近が繁殖してしまうので早めに食べなくてはいけません。

そこでレンジを活用して、500Wで様子を見ながら約1分程加熱してしっかりと冷ました後、蓋つきのタッパーなどに水と一緒に入れて冷蔵保存することで約3日は保存が可能と言われています。

しかし、水は腐りやすいので毎日交換しましょう。

開封後の豆腐の冷凍保存方法

豆腐は冷凍保存すると、食感が変わりお肉のような感じになる事からよくダイエットにも活用されます。

冷凍する時は、レンジで水気を飛ばし食べやすい(料理に使いやすい)サイズにカットしてしっかりとラップに包み、密閉できる容器に入れて冷凍保存する事で約2週間は日持ちすると言われています。

スポンサードリンク

もやしの賞味期限はレンジで延ばせます

もやしの独特なシャキシャキ感を残しつつ賞味期限を延ばす方法。

もやしを冷蔵庫で保存する方法

もやしは生のままだとすぐに茶色く傷んでしまうので一度レンジで加熱して水でしめることで、劣化を遅らせる事ができ約1週間は保存が可能と言われています。

しかし、匂いや色を見て不安であれば思い切って廃棄してしまいましょう。

もやしを冷凍庫で保存する方法

冷凍保存すると、もやしのシャキシャキ感は薄くなってしまいますが、レンジで加熱して水でしめてからジッパー付の袋にいれて冷凍庫で保存する事で生の状態までとは言えませんが比較的シャキシャキ感を残したまま保存する事ができ、約2週間は日持ちすると言われています。

まとめ

いかがでしたか?

冷凍することで食感は変わってしまいますが、豆腐などは変わる事を活用して別の料理にすることもできるので、いつもと違う料理に仕上げる事ができます。

もやしは、茹でるのではなくレンジで加熱することでシャキシャキ感は多少残すことができますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク