きな粉は和菓子を作るのに欠かせない食材のひとつですよね。

他にも、最近ではダイエットや健康に良いと話題にもなりました。

そんなきな粉ですが、普段の料理にあまり使う事もないいつの間にか棚の奥や冷蔵庫から賞味期限が切れてしまった状態で出てきてしまう事って少なくないと思います。

そこで今回は、きな粉の賞味期限について調べてみました。

きな粉は賞味期限から一か月、半年、一年経過したら食べる事ができるのか。

また、開封・未開封でどのように違うのかをまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

賞味期限 きな粉 切れ 一か月 半年 一年

きな粉の賞味期限

きな粉の賞味期限は、商品によって異なりますが半年から1年と考えられています。

もちろん、買ってきたきな粉に記載してある賞味期限は、きな粉に適した保存状態で未開封の場合に限りますが、賞味期限が切れてからどれくらいであれば食べる事ができるのでしょうか?

賞味期限から一か月が経過したきな粉

きな粉に適した保存状態で、かつ未開封の場合であれば賞味期限が切れてしまったからと言ってすぐに食べられなくなるわけでもなく、一か月程度であれば食べても大丈夫という意見が多かったです。

しかし、一度でも開封してあるきな粉は空気に触れる事やダニなどの虫が湧いてしまう可能性がある事から本来、賞味期限自体が無意味になってしまいますので、開封してあるきな粉は味の面でも劣化していることも考えられるのであまりオススメはできません。

賞味期限から半年が経過したきな粉

上記のように、きな粉に適した保存状態であっても賞味期限から半年経過していると意見が分かれる事が多く、自己判断でという事になってきますが、未開封の状態であってもきな粉に含まれる油分が酸化している事から味が変化している可能性がありますので、味見はあまり判断に向いていないかも知れません。

スポンサードリンク

賞味期限から一年が経過したきな粉

賞味期限から一年が経過しているきな粉は、開封後の物であれば勿体ないですが捨ててしまうという選択をした方が良いかも知れませんが、未開封の状態ですと、迷ってしまいますよね。

しかし、未開封の状態でもきな粉は製造時から酸化が始まっていますので、一年が経過しているものは食べない方が良いかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?

賞味期限しか記載がない食品ってとても困ってしまいますよね。

味や風味の期限であり、品質自体が食べれないわけではないが、結果的にいつまで大丈夫なのか分からない事になってしまいます。

当然、保存状態がよくなければ捨ててしまう方が良いですが、保存環境もよく未開封であれば半年以内なら自己判断でという意見が多いという結果になりました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク