カロリーメイトの賞味期限は製造から1年間と長く保存でき、栄養価が高いため今では非常食として人気の高い商品です。

しかし、非常食って定期的な入れ替えを忘れてしまって賞味期限が切れてしまっていた…なんて事多いと思います。

そこで、賞味期限が切れてしまってから、いつまでなら食べる事ができるのか調べてみました。

賞味期限 カロリーメイト 切れ 半年 1年

賞味期限が半年過ぎているカロリーメイト

賞味期限はあくまで、味を保障するものであり日にちが過ぎたからといって次の日に突然食べられなくなるわけではありません。

しかし、消費期限の記載が無ければ、いつまでも食べれるというわけでもありませんよね。

そこで、賞味期限を半年過ぎているカロリーメイトは果たして品質に関して食べる事ができるのでしょうか?

味や見た目の違いは?

実際の検証結果では、特に半年切れていても味や見た目に変化もなくカロリーメイトに含まれる栄養分の変化はないそうです。

品質的には安全?

賞味期限が切れてから、半年以内であれば健康上問題ないそうですが、商品の保存状態や開封・未開封などによって大きく変わりますので、直射日光・高温多湿を避けて未開封の状態であることを条件に食べても大丈夫と考えられています。

スポンサードリンク

賞味期限から1年過ぎているカロリーメイト

賞味期限が、1年過ぎてしまっているカロリーメイトは食べられる?

味や見た目の違いは?

品質上はどのような変化があるのかまとめてみました。

味や見た目は?

見た目にはあまり変化は見られないものの味に関しては多少の変化はあるそうです。

品質上の問題は?

製造元の大塚製薬では、カロリーメイトに含まれる成分が破壊してしまっているため食べる事はオススメできませんが、ネット上では食べても大丈夫という声がたくさんありました。

しかし保存状態や健康状態によっても異なりますので食べる際は自己判断でお願いします。

まとめ

いかがでしたか?

非常食としてカロリーメイトを入れている場合、つい忘れてしまい期限が切れていたなんてことも多いと思います。

しかし、すぐに食べれなくなるわけではないので半年くらいであればいいかも知れませんが絶対に大丈夫とは言い切れませんので自己判断でお願いいたします。

賞味期限が切れている事に気付いた場合は、できるだけ早めに食べきってしまう方がよさそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク