カシスのようなリキュール系のお酒は水や炭酸水で割って飲むので、飲みきれずに保存しておくことがあると思います。

今回はこのようなリキュール系のお酒の賞味期限と開封後の保存方法などについて調べてみます。

賞味期限 酒類 カシス 原液 開封後

お酒のカシス原液の賞味期限について

日本酒やビールに代表されるアルコール飲料は長持ちするため消費期限や賞味期限といった期限は設けられていないようです。

特にカシスなどのリキュール系のお酒は種類も多く、使っている原料によってアルコール度数や糖分の含有量が異なり明確な期限を設定するのが難しいものになります。

未開封のときの賞味期限

高温多湿や射日光を避けて保管していれば、基本的に数年後でも飲むことは出来ます。

ただ、アルコール度数の低いフルーツ系やクリーム系のリキュールは未開封であっても傷みやすいので注意してください。

フルーツ系のカシスは糖分が多く含まれているので賞味期限は長くなります。

開封後の賞味期限

開封後は空気に触れている分酸化してしまいます。

特にアルコール度数や糖分の低いものは傷みやすくなります。

開封後は冷蔵庫に保管しなるべく早く飲みきるようにしましょう。

スポンサードリンク

開封後の保管方法

アルコール飲料とはいえ開封してしまったら、なるべく飲みきるのが一番良いです。

しかしカシスのようなリキュールは、ストレートでそのまま飲むより水や炭酸水などで割って飲むことが多いため飲みきれずに余ってしまうことも多いと思います。

そこでリキュールを保存するときの注意点をいくつかご紹介します。

1つ目はしっかりとフタを閉めることです。

空気に触れて酸化することで劣化が進んでしまいます。

2つ目は注ぎ口のリキュールはきれいに拭き取ることです。

リキュールは糖分が含まれているため時間が経つと固まってしまい、フタが開けにくくなります。

3つ目は高温多湿・直射日光は避け冷蔵庫で保存するようにしてください。

まとめ

アルコールは賞味期限の表示がされていないものも多く長期間の保存が可能な食品です。

アルコール度数や含まれている糖分の量が少ないものは長期保存には向かず賞味期限が設定されているものもあります。

そんなアルコール飲料の中でも、カシスは人気が高く良く飲まれているリキュールのひとつです。

しかし一度に1本を飲みきる人は少ないと思います。

賞味期限を過ぎると途端品質が劣化し風味も落ちてしまうということはありませんが、空気に触れて酸化することで風味も落ち、品質の劣化にも繋がります。

アルコールだからと過信せず開封後はなるべく早く飲むようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク