アルコール飲料は含まれるアルコールの度数によって賞味期限が異なります。

お酒の種類によっては注意が必要なようです。

そこで今回はチューハイの賞味期限について調べてしましょう。

賞味期限 未開封 チューハイ 半年

未開封のチューハイの賞味期限

ワインや日本酒などは賞味期限の記載がないほど長期間の保存が可能な食品です。

特にチューハイのベースとなる焼酎はアルコール度集が高く開封後も冷蔵庫など冷暗所に保管していれば1年ほどは風味も保つことができます。

また、逆に長期間保管しておくことで熟成されるお酒もあったりします。

しかし、環境の変化にも比較的強い焼酎を使って作ってあるチューハイはアルコール度数が4~6%と低いものが多く賞味期限は6か月くらいになります。

賞味期限を過ぎたチューハイは大丈夫?

チューハイの材料に腐るようなものはほとんど入っていないので、賞味期限を過ぎてもすぐにすぐ飲めなくなるほど品質が劣化してしまうようなものではありません。

正しい保管方法で保存されたチューハイであれば賞味期限を過ぎていてもおいしく飲むことができる場合があります。

しかし、使っている材料によっては味や香りが変わってしまいおいしさが損なわれていたりもします。

スポンサードリンク

保存時に注意すること

チューハイの多くは缶に入っています。

缶はデリケートな容器なのでやさしく扱う必要があります。

落下や振動による衝撃はなるべく避けるようにしましょう。

また、高温になる場所や直射日光に当たる場所には置かないようにしましょう。

そして、冷やす際には冷凍庫に入れないようにしてください。

早く冷やそうとして冷凍庫に入れて中身が凍ってしまうことがあります。

凍結した缶は破裂する恐れがありますし、中身の成分が変わってしまい味が落ちてしまいます。

こうなってしまっては溶けても味は戻りません。

まとめ

チューハイは未開封で半年ほどの賞味期限があるアルコール飲料です。

お酒と聞くと腐らないし、長期間保存ができるものと思ってしまいます。

しかし、チューハイのように含まれているアルコール度数の低いものは品質が安定している期間は短くメーカーの保証も6か月ほどです。

チューハイは安価でたくさん買ってしまうこともあると思いますが、おいしく安全に飲むためには、半年で飲み切るように気を付けましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク