牛肉や豚肉、安くなっていたから使うあてもないのに思わず沢山買ってしまうなんてことよくありますよね。

そのせいで気がついたら冷蔵庫のお肉の色が変わって傷んでしまっていた経験誰しもあるのではないでしょうか?

ここでは、豚肉と牛肉の味付け保存などの少し手を加えた保存方法や賞味期限などを詳しく紹介していきます。

賞味期限 豚肉 牛肉 味付け

豚肉・牛肉の保存方法と賞味期限

豚肉や牛肉は実は用途に合わせて色々な保存方法があります。

当然ですが、常温で保存すると菌が繁殖しやすくなり傷むのが大変早いので常温保存はしないようにしましょう。

冷蔵保存

数日の間で使い切る場合は冷蔵庫のチルド室で保存する冷蔵保存が可能です。

購入してきたパックから出して、キッチンペーパーなどでしっかり水気をとった後にジップロックやタッパーなどに入れて空気から遮断しましょう。

部位によって賞味期限は変わってきますが豚肉も牛肉も同じです。

  • ひき肉はその日のうちか翌日まで
  • スライスやバラなどは2、3日程度
  • ブロックや厚切りの場合は3、4日程度

が目安だと思っておきましょう。

スポンサードリンク

冷凍保存

冷蔵保存の時よりも更に長い間保存したい場合は冷凍保存をオススメします。

冷蔵保存の時と同じで購入してきたパックからは出してしまって、肉の水気をキッチンペーパーなどでとってからラップなどでまいた後にジップロックに小分けしましょう。

およそ2週からから1ヶ月程度の賞味期限が見込めると思います。

味付け冷蔵保存

単なる冷蔵保存とは違って味付け冷蔵保存というものがあります。

塩、酒、醤油、お酢などで下味を付けてからタッパーにいれてチルド室で保存する方法です。

調味料が菌の繁殖を抑えてくれるのでただの冷蔵保存に比べて日持ちが良くなり1週間~2週間程度の賞味期限が目安となります。

長期間保存したいけど冷凍やけしたら嫌だ、お肉に味付けしてあるならちょうど良いという人は試してみると良いと思います。

まとめ

ここまで豚肉・牛肉の保存方法や賞味期限について詳しく見てきました。

味付け冷蔵保存はただの冷蔵保存に比べて本当に日持ちが良くなるので気になっている人はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

豚肉も牛肉も食卓になくてはならないものなので新たな工夫を取り入れてみるのも良いと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク