干物の真空パックを通販で購入したり旅先のお土産に持ち帰って来た経験はありませんか?

本来なら旅先でしか食べられない味が家でも食べられるなんて嬉しいですよね。

ここでは、この真空パックになった干物について賞味期限や保存方法など詳しく紹介していきます。

賞味期限 真空パック 干物

真空パックの干物の保存方法と賞味期限

最近は生の干物だけではなく真空パックの干物があり、それが比較的長く保存することを可能にしてくれています。

その真空パックの本領を発揮させることが出来るおすすめの保存方法とその賞味期限について見ていきましょう。

冷蔵保存

冷蔵保存する場合は真空パックのまま、冷蔵庫の中の直接冷気が当たらない場所で保存しましょう。

風や冷気が長い間直接当たり続けるととても早く傷んで風味が壊れることがあるのでしっかりと注意しましょう。

真空パックになった干物だからと言って、実は鮮度が一番です。

賞味期限は1週間程度が目安だと思っておきましょう。

スポンサードリンク

冷凍保存

冷凍保存の場合も同じで冷凍庫の冷気が直接当たらない場所で保存してください。

賞味期限は40日~2ヶ月程度もつといわれています。

なので、長期的に保存したいと最初からわかっている場合はさっさと冷凍保存してしまった方が良いです。

解凍する際は無理やり火にかけて氷を溶かすというやり方ではなく冷蔵庫にいれて長時間かけて解凍していくのが良いでしょう。

冷凍保存から解凍された干物の場合は、賞味期限は2日~3日だといわれています。

もし解凍するならば食べる前日や直前にした方がいいです。

また、一度解凍された干物をもう一度冷凍すると著しく味や風味に変化が出るのでやめておきましょう。

まとめ

ここまで、真空パックにはいった干物について保存方法や賞味期限を詳しく見てきました。

たしかに真空パックはとても便利で従来の生で売られている干物よりも日持ちします。

しかし、それには正しい保存方法が伴っているという事が前提になっています。

正しい保存方法は知らなかった人はここまで読んでしっかりとわかってもらえたと思うので、真空パックの干物が手に入った場合は実践をしてみてほしいと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク