ぶりや鱈、サーモンは料理の主役にも名脇役にもなってくれるとても便利な魚ですよね。

切り身が安売りされていると思わず沢山買い込んでしまいますよね。

冷蔵庫に入り切らなくて困ってしまったことが何度もあります。

ここでは、ぶり、鱈、サーモンについて賞味期限や保存方法を紹介していきます。

賞味期限 ぶり 鱈 サーモン 切り身

ぶり・鱈・サーモンの切り身の保存方法や賞味期限

ぶりや鱈、サーモンの切り身は殆どが加熱用なので、刺身など生で食べるものに比べてある程度は安心ですが魚がとても痛みやすいというのは変わりないのでここでは保存方法や賞味期限について詳しくみていきたいと思います。

保存する前に下処理の方法

意外とやりがちなのが購入してきたパックもそのまま冷蔵庫に入れてしまっているという事ですが、これは実は魚が傷む進行を早くしてしまっているのです。

なので、ぶりでもサーモンでも鱈でも買ってきたらそのままにはせずパックから出しましょう。

そして切り身についている水気をキッチンペーパーでしっかりと取ってからラップに1つずつ包んでから保存しましょう。

スポンサードリンク

切り身の保存方法と賞味期限

数日で切り身を調理して食べ切れるならば下処理をしてからチルド室にいれて保存することが可能です。

この場合の賞味期限の目安はおよそ3日程度です。

3日では食べきれないという場合は冷凍保存してしまった方がいいです。

本来魚は冷凍保存すると味に変化が出易いのであまりオススメはできませんが、この場合は切り身なので生食で食べる可能性は低いため余程気にならない限り冷凍保存してしまっても良いでしょう。

冷凍保存は冷蔵保存と同じように1つずつラップに包んでからフリーザーバッグに入れて冷凍庫にいれて保存する方法です。

賞味期限は1週間~2週間程度だと言われています。

注意して欲しい点としては、1度冷凍されたものが解凍して売られていることがあります。

それを再度冷凍する場合は非常に味が落ちてしまうので冷凍保存するのはやめましょう。

まとめ

ここまでぶり・鱈・サーモンなどの切り身の保存方法と賞味期限について詳しく見てきました。

工夫しだいで賞味期限は伸びも縮みもするので気をつけましょうね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク