パクチーやセロリ、ローズマリーなどハーブやスパイスは料理にいいアクセントをもたらしてくれますよね。

かつてはこれらの食材は苦手な人も多かったですが今では日本でもかなり定着してきて人気が出て来ています。

ここでは、そんなパクチーやセロリやローズマリーについて賞味期限を中心に紹介していきます。

賞味期限 パクチー セロリ ローズマリー

パクチー・セロリ・ローズマリーの保存方法や賞味期限

様々な作用を持ちとっても便利なパクチー・セロリ・ローズマリーですが実際に手に入れて購入してきてもどのように扱ったら良いのかわからないなんて声も耳にします。

そんな声にお答えしておすすめの保存方法や賞味期限などを紹介します。

ローズマリーの保存方法と賞味期限

冷蔵庫にラップに包んで保存しても1週間近く日持ちしますが、それならば室内で一輪挿しなどに水をいれて活けて置いた方が日持ちしてくれて長いと数週間もってくれることもできます。

冷凍保存も可能でジップロックなどに入れて冷凍庫にいれると1ヶ月は賞味期限がもってくれます。

パクチーの保存方法と賞味期限

パクチーは冷蔵で保存する前にまず水に数分さらしましょう。

そして、パクチーについた水をしっかりとふきとってから、濡らしたキッチンペーパーを根っこの部分にだけまいてタッパーやジップロックにいれて野菜室に立てて保存しましょう。

注意すべき点としてはパクチーの葉っぱの部分は濡らしたままにしないようにするということです。

葉っぱの色が変色してしまいます。

賞味期限は約1週間です。

冷凍保存する時は葉っぱと根は分けて冷蔵保存の時と同じように水にさらして水気を切り、葉っぱは、ざく切りにしてからジップロックにいれて保存しましょう。

根はラップに包む程度で大丈夫です。

冷凍保存は1ヶ月が賞味期限の目安です。

スポンサードリンク

セロリの保存方法と賞味期限

セロリは保存する時葉っぱと茎は切り離した方が良いです。

茎は乾燥させるのを防ぐため濡らしたキッチンペーパーで根っこの部分を包んで新聞紙で包みます。

立てて保存してください。

切り離した方葉っぱはそのままジップロックにいれて保存しましょう。

冷蔵保存の場合はおよそ1週間程度もつといわれています。

葉っぱはこのまま冷凍保存することも可能です。

茎を冷凍保存したい場合は、少しゆでてから水気を切りしっかりと空気を抜いたフリーザーバッグにいれて保存しましょう。

賞味期限はおよそ1ヶ月が目安です。

まとめ

ここまでローズマリー・セロリ・パクチーについて見てきました。

どれも1度に多く使うというのは難しいと思うので工夫して保存しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事