良く見る辛味スパイス素材の鷹の爪。

鷹の爪の輪切り、唐辛子の賞味期限とはどれくらいでしょうか?

賞味期限を過ぎていると大丈夫か気になります。

気になる唐辛子の賞味期限について調べてまとめました。

賞味期限 鷹の爪 輪切り 唐辛子

鷹の爪

漬物やパスタ・炒め物・煮物のアクセントに使われる鷹の爪。

料理に大変重宝しています。

刺激はありますがその辛味が美味しさを引き立てます。

鷹の爪は、鷹の爪に似ていることからその名で呼ばれています。

唐辛子は上向きに実を付けます。

唐辛子の一種です。

艶やかで綺麗な赤です。

密閉容器にいれておけば2~3年ぐらいは持つようです。

さやのままや輪切りにして使います。

製造メーカーのHPによると輪切りの賞味期限は180日とあります。

スポンサードリンク

唐辛子

つぎに唐辛子を見て行きましょう。

唐辛子はナス科唐辛子属に属する植物です。

唐辛子は沢山の種類があります。

ハバネロ・料理番組でよく使われているカイエン・三鷹等があります。

鷹の爪もこの唐辛子の仲間です。

賞味期限は生で4~5日、乾燥の場合は1年位だそうです。

これも保存状態によって期間は違っていますし、冷凍にするともっと賞味期限は伸びます。

以上のように鷹の爪は唐辛子の仲間で違いはありません。

乾燥や冷凍などにすると更に持ちが良くなる唐辛子ですが、他にも油、酢、醤油などにも漬けておくだけで風味が豊かになります。

まとめ

以上のように唐辛子と鷹の爪の賞味期限についてまとめて見ました。

生で保存する以外は賞味期限は3ヶ月~1年と長いのですね。

唐辛子は冷蔵庫に入れておけば長持ちしますが、その風味、色、香りに以上があれば使わないで下さい。

日付にかかわらず破棄した方がいいですね。

良く紹介されているのが、オイル・酢・醤油です。

手軽に作れますので是非作って見て下さいね。

ただ市販品と違って無添加です。

早めに使って下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク