きな粉というと餅につけて食べる、おはぎで食べるなど使い方を限定して一袋が使い切れないという方も多いのではないでしょうか。

きな粉は乾物なので腐りにくく、賞味期限が長く保てる物ですが品質を保持するには注意が必要です。

保存方法について調べました。

賞味期限 きな粉 冷凍 冷蔵

きな粉の賞味期限は長い?けど注意も必要?

きな粉の賞味期限は数カ月、未開封なら長くて1年以上は賞味期限を保てます。

そんな賞味期限が長い乾物のきな粉ですが保存方法には注意をしないとせっかくのおいしい味といい香りが楽しめなくなってしまいます。

きな粉を保存するには冷蔵か冷凍か?

きな粉は乾物なので湿気に弱く、湿気てしまうときな粉の命である風味が飛んでいってしまいます。

きな粉を湿気から守るには密閉性のある所での保存が重要です。

ジッパーの付いた袋、タッパー、ジップロックなど使いやすい物でいいので密閉できる容器に入れるのがいいです。

また常温よりは冷蔵庫の方が乾燥できる環境なので、密閉容器で冷蔵保存が適しています。

冷凍でもかまいませんが冷凍庫の限られたスペースよりも冷蔵のスペースの方があるので冷蔵保存で十分でしょう。

スポンサードリンク

きな粉の賞味期限で注意する点とは?

開封時に注意が必要なことは湿気ともう一つ、虫の混入です。

大豆を使っているきな粉は虫にとってもごちそうなので、しっかり密閉した容器に入れないと虫が混入してしまいます。

虫は食べても消化してしまうので健康な方は問題ありませんが、ダニの混入はアレルギーの方にとっては致命的になります。

虫はほぼ目には見えません。

混入した場合は除去が難しくなるので、入らないように事前に防ぐようにしましょう。

冷蔵保存には湿気防止と虫の混入防止の意味でのメリットがあります。

まとめ

購入時に少ない量でもない限り、きな粉を一回で使い切るということはなかなか難しいことでしょう。

きな粉は風味が大事ですので湿気を防止すること、もう一つは健康のため虫の混入は防ぐように使いかけはしっかり密閉をして保存をするようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク