食品は大体の物が未開封なら賞味期限が長く、開封後は賞味期限が短くなってしまいます。

餅につけて食べる定番のきな粉もそうです。

開封後は湿気の他にも虫やカビなどからも防ぐようにしなければ賞味期限以内でも食べることができなくなってしまいます。

賞味期限 未開封 開封後 きな粉

未開封と開封後のきな粉はどれぐらい賞味期限が違う?

未開封のきな粉は完全密封されているため、湿気や虫、カビを防いでいるので賞味期限も数カ月から一年は保つことが可能です。

傷んでいない限りは一年以上でも食べることは可能です。

ただし小さな穴が一つでも開いていた場合は品質の保持ができていませんので、未開封で穴などがないかは確かめる必要があります。

また開封後のきな粉は保存状況がよければ数カ月程賞味期限を保つことができます。

湿気、虫、カビが防げるように密閉した状況で保存をするようにしましょう。

賞味期限が切れても切れなくても注意するきな粉は?

賞味期限は食べ物がおいしく食べられる期間なのでその期間以内なら食べ物をおいしく食べることができます。

開封後に賞味期限が切れたとしても保存状況が良ければしばらく食べることもできますが、開封後のきな粉はいくつか確認をしなければなりません。

まずは異臭がしないか、そして虫がいないか。

虫は目に見ることはほぼできませんが保存していたきな粉がサラサラではなく、団子のようになっていたら虫がいる可能性があります。

団子がなくても開封後に密閉できていないと思ったら食べない方がいいでしょう。

スポンサードリンク

賞味期限以内にきな粉を消費できる方法

食品を安全に食べるには賞味期限以内に食べるのが一番ですがなかなか消費が難しいきな粉。

最近では餅に付ける意外にも様々なレシピが出ているので参考にするといいでしょう。

簡単にできる物としてはアイスにかける、ヨーグルトにかけるなど乳製品とよく合います。

コーヒーに少量入れてもおいしいでしょうが入れ過ぎると粉っぽくなってしまいますのでほんの少し入れるといいでしょう。

まとめ

開封後に使い切るのが難しいイメージのきな粉ですが実は色々な物に使うことができる食材です。

大豆なので美容に良いイソフラボンが含まれています。

大事な風味を保てるように保存して、色々な料理に試してみるのもいいでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事