ぶどうのような果物は、収穫された後でも、自分の栄養素や水分で生きていますので、鮮度は日に日に落ちていきます。

収穫後から購入時まで、どれだけ時間が経っているかにもよりますが、冷蔵庫で保管するのであれば、約1週間位は、おいしく食べられる果物です。

賞味期限 冷凍 冷蔵 常温 果物

ぶどうは常温保存できるでしょうか?

ぶどうのような果物は、購入後すぐに食べるのがお勧めです。

房からボロボロ実が落ち始めると、鮮度が劣化しだした証拠です。

ぶどうのような果物は常温保存できることはできますが、ただし、その分傷みも早く来ますので注意してください。

温度が高いと傷みやすいので、常温保存したい人は、直射日光を避け、冷暗所で保管するようにしてください。

常温保存の場合なら賞味期限は2~3日

ぶどうを常温で保存する場合、保存期間は2日から3日です。

つまり、賞味期限は2~3日以内ということですから、できるだけ早く食べてください。

常温保存の場合、水分が抜けてしまわないよう新聞紙、ポリ袋などで覆って保存しましょう。

ぶどうを包むときは優しく、実が取れないようにしてください。

房から実がボロボロ取れたり、実が傷つくと傷みが早まります。

スポンサードリンク

冷蔵保存なら賞味期限はどれくらい?

ぶどうは冷蔵保存もできます。

水分を逃さないために、新聞紙などにくるんで、野菜室で保存するのがいいでしょう。

賞味期限の目安としては、3日から5日位には食べるようにしてください。

房から外した場合は、1週間位を目安に、食べきるようにしましょう。

まとめ

ぶどうのような果物は冷凍保存も可能です。

ハサミで2ミリ程度枝を残して、実を房からバラバラにしましょう。

そして、流水で丁寧に洗ってください。

キッチンペーパーで水気を取り、ジップロックやタッパーなどに実が重ならないようにして並べ、冷凍庫にしまっておきます。

凍ったまま食べてもシャリシャリとしたシャーベット感覚のぶどうはおいしくて、食感も楽しめます。

さらには保冷剤の代わりにもなりますしね。

ぶどうのような果物を冷凍庫で保存した場合、大体2~3週間が賞味期限の目安となるようですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事