沖縄産のもずく、海ぶどう、マンゴーの賞味期限はいったいどれぐらいなのでしょう。

調べてみました。

賞味期限 沖縄 もずく 海ぶどう マンゴー

沖縄産のもずくの賞味期限

沖縄産のもずくは賞味期限はかなり長いです。

数ヵ月置いておいても腐ることはないようです。

しかし、真夏はさすがに常温では危ないです。

野菜室で保存するか、小分けして冷凍保存するのが安心です。

1年近くもずくばかり食べるのはさすがに飽きてしまいますが、もずく自体腐ることはないようです。

しかし、1年近くも冷蔵保存したままだと変色してくるようです。

そうなると捨てることをお勧めします。

もずくはカラダには大変いいですので、お勧めの食材です。

尿酸値がかなり下がるという話です。

沖縄産海ぶどうは常温保存がおすすめ

沖縄産海ぶどうは普通のスーパーでも売っていることがあります。

賞味期限は4~5日となっていますが、結構お値段が張りますのでそう頻繁には買うことはないですね。

海ぶどうのように暑い地方(沖縄など)で取れるものは冷蔵庫に保管するとあしが早くなるようです。

冷蔵保存は傷みやすいですので、しないほうがよさそうです。

そうかといって、常温保存なら腐らないということでもありません。

生ものですから、常温保存で早めに食べることをお勧めします。

スポンサードリンク

マンゴーの賞味期限ってどれくらい?

マンゴーの状態で賞味期限は変わってきます。

完熟状態でしたら、4~5日にうちに食べてしまってください。

追熟機関込みで1週間てとこでしょうか?

マンゴーの食べごろの時期によって賞味期限も変わってきます。

完熟ではないマンゴーで、もうちょっと時間をおかなければというのでしたら、10日位が賞味期限ということになるでしょう。

冷凍マンゴーも甘くておいしい

沖縄産マンゴーの彩りは見るからにおいしそうです。

きれいなオレンジ色のマンゴー、冷凍マンゴーも甘くておいしいと評判です。

賞味期限は切ってから何日もつか、と考えてください。

食べごろだと思って切ったら、大体3日ほどで食べきるのが最もおいしい食べ方だと思います。

まとめ

沖縄産もずくや海ぶどうは常温保存でもかなり持ちますが、マンゴーはやはり早めにお食べください。

マンゴーから甘いいい香りが出ていたり、触って柔らかい状態であれば食べごろになっているという印なので、追熟する必要はありません。

しかし、まだ完熟していない状態なら、常温でしばらく(2~3日)置いた後、冷蔵庫に入れておくと、甘いマンゴーになるようですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク