辛子明太子はどんなものかと言うとたらこを唐辛子などに付けこんだものです。

ご飯と合わせたり、めんたいスパゲッティーなど、いろんな料理にも応用として使用されもします。

そして市販の辛子明太子もあるため今日ではいつでも食べることが出来ます。

でも家庭として明太子を取り扱う場合、開封後の明太子、あるいは冷凍後の明太子は大丈夫なのか?

気になる方がいるでしょう。

今回はそんな明太子の保存について説明したいと思います。

賞味期限 開封後 冷凍後 辛子明太子

辛子明太子の保存期間

お土産とかで辛子明太子が送られました。

そんな明太子の長持ちが分からない、どうしよう?

大丈夫です。

明太子の食べられる保存期間は未開封でも冷凍保存の場合で二、三週間ぐらいです。

それでも生ものですので出来れば一週間ぐらいで食べきることが望ましいでしょう。

それでも保存する期間が長引いて、明太子の傷み具合が心配の方は熱を入れてから口にするとよいでしょう。

スポンサードリンク

冷凍明太子の保存期間

明太子の常温保存はお勧めしません。

生ものですのでそのままの温度で放置すると傷んでしまいます。

大体十二時間ぐらいで傷むと言われているのでそれまでに相手に届ける物なら早く運んでください。

送る際、どうしても遅れてしまう場合は冷却する箱の中に明太子を入れて送ればよいと思います。

明太子の保存は未開封の状態で手元に来たあと、すぐに冷蔵庫へ入れる場合だと二、三週間の猶予があります。

その間の余裕はありますが、できれば早めに食べきったほうが無難でしょう。

そして明太子を解凍する場合、普通に自然解凍で良いでしょう。

でもできれば食べる一日前に冷蔵庫に移して自然解凍した方が良いと言われています。

まとめ

お土産で辛子明太子とか送られてくると喜びますよね。

いろんな料理にも使えるため、そしてご飯にも合います。

そんなもらった辛子明太子を保存の管理不足で腐らせてしまうのはいただけないです。

その為のある程度の知識があっても困らないでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事