賞味期限はスーパーなど商品として並べられているどんな食品にも書かれています。

それはお肉類やお魚、そして調味料にもあります。

普段の生活の中で賞味期限はかならず関わってきます。

そんな賞味期限は何なのかと言うと、商品が美味しく食べられる期間のことを意味します。

逆に商品がヤバい、もうたべられないよーってやつは消費期限です。

実はその賞味期限、ある日を境に賞味期限が延びる場合があります。

そんな賞味期限どうやって延長するのか、ご存知ですか?

今回はそんな賞味期限について説明します。

賞味期限 延長 お知らせ 根拠 法律 技術

賞味期限が延長?

賞味期限は商品によっては期限が伸びる場合があります。

なぜなら商品を売るには賞味期限基準で販売するからです。

もし賞味期限過ぎた商品を売って体を壊した客さんに攻められたらたまったもんじゃないですからね。

だけど、賞味期限でということは過ぎてしまえば破棄しなければならないんですね。

経営者からしたらこれは痛いです。

日本でも年間500万~800万トンの食品ロスが発生していると言われています。

その為に食品延長です。

スポンサードリンク

賞味期限延長の技術

賞味期限を延ばすのは法律的に可能なのかどうかは、食品製造側にあります。

工場で製造する食品を一工夫すればなんとか賞味期限を延ばすことが出来ます。

例えば日本でも有名なマヨネーズ。

これは製造工程中の酸素レベルを下げることで、賞味期間を延長することに成功しました。

つまりその気になれば賞味期限を延ばすことが出来るんですね。

まとめ

お肉、魚、野菜、インスタント、その他などなど。

どの商品にも賞味期限が書かれています。

賞味期限は消費者が期限内に食べきれなくて悲しみますが、販売側は売り切れなければ痛いです。

でも商品を売る側としてはお客さんに万全な商品を売らなければならないのでしょうがないです。

最後に、消費者は賞味期限が一日、二日過ぎたぐらいですぐに捨てる必要はありません。

あれはあくまで美味しく食べられる期間ですので。

それでも賞味期限が過ぎた商品を口にするのは自己責任が伴うでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク