焼豚といえばラーメンや中華料理にも出される豚肉を使った食品です。

焼豚を使った料理の中でどんな物を連想しますか?

まず第一にラーメンなどに使われますよね。

その他にお店とかにも売られている焼豚まんがあります。

家庭でも焼豚を使った料理を作る方もいるでしょう。

今日だとお店とかでも簡単に購入することが出来ます。

あなたはどんな料理を作りますか?

焼豚の特徴は香ばしさ、そしてはご飯にも合うのでお店だけではなく家庭でも食べたいですよね。

さて、そんな焼豚は購入時は密封されていています。

未開封時と開封後の焼豚の賞味期限は気になりますか?

焼豚は肉製品なのでうっかりでお腹を壊すのは怖いですよね。

今回はそんな焼豚に関しての賞味期限と保存方法について説明します。

賞味期限 焼豚 真空パック 未開封 開封後

焼豚の賞味期限

焼豚の場合は購入時に密封状態となります。

その為、賞味期限の記載はあっても日持ちはします。

ただし、それは未開封のみに限ります。

開封後は基本的に保存が効きませんので冷蔵に入れればある程度は保存は効きますが、それでも早めに食べきることが良いでしょう。

焼豚に記載されている賞味期限にかかわらず、開封後はその日のうちに食べきることが推奨されています。

スポンサードリンク

焼豚の保存と開封後

基本的に焼豚は開封後すぐに食べきることが推奨されています。

これは商品の「開封後はお早めに」にも書かれています。

そんな焼豚の賞味期限ですが、冷蔵庫に入れて大体一週間ぐらいです。

あくまで美味しく食べられる期間ですので、それ以上だと焼豚の日持ちになります。

商品として販売されている焼豚は基本的に密閉されているので傷みにくくなっています。

でも賞味期限にかかわらず、焼豚は開封後はすぐに食べたほうが良いでしょう。

まとめ

焼豚を使用した料理はいくつもあります。

それはラーメンだったりパンに挟んで食べたりします。

そんな焼豚は未開封と開封後の保存期間がぐんっと違ってきます。

ある程度の知識はあっても困らないでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事