生めかぶはいろんな料理の材料として使用することが出来ます。

ご飯に混ぜ合わせたものや豆腐や納豆など小さいお皿のものと一緒に混ぜ合わせて食べたりします。

普段市販で売られているめかぶは乾燥しためかぶですが、今回は生めかぶについて説明します。

めかぶを使用した料理を作ろうにも、料理は奥が深いので頑張ればレパートリーは多くなるでしょう。

でも多くなればなるほどめかぶの賞味期限が切れる可能性も高くなります。

通常、生めかぶの賞味期限は冷蔵庫に入れて三日から五日ぐらいとなります。

でも冷蔵ではなく冷凍した場合はそれ以上となります。

今回は生めかぶの冷凍した場合による賞味期限について説明します。

賞味期限 めかぶ 冷凍

冷凍めかぶの賞味期限

めかぶは乾燥した場合、空気にいる細菌の影響を受けにくくなります。

逆に濡れている食材は傷みやすくなります。

これは生めかぶに限らず、どの生食材にも当てはまります。

なので同じように、購入したばかりのめかぶは冷蔵ではなく冷凍させたほうが賞味期限がぐんっと上がります。

逆に冷蔵の場合は冷気が弱いため、食材の痛みスピードを遅らせるだけです。

スポンサードリンク

冷凍めかぶ

乾燥ではなく生めかぶの場合傷みやすくなっています。

そのため冷蔵した場合、基本的に賞味期限はともかく消費期限は遅らせることができます。

それでも賞味期限に関しては冷蔵で大体三日ぐらいです。

でもめかぶを冷凍した場合、状況にもよりますが刻んで冷凍した場合は約三十日、つまり一か月は持つと言われています。

刻まずに密封して冷凍した場合は半年は持つと言われています。

まとめ

いろんな料理を試行錯誤して最終的にはめかぶをも使用する料理を思いついても賞味期限が過ぎてしまっていたらテンションが落ちますよね。

でもある程度の知識さえあればめかぶの保存期間を延ばすことが出来ます。

今回はめかぶについての説明でしたがいかがだったでしょうか?

いつもどおりの日常料理にめかぶが使用されるケースは少ないと思いますが、それでもめかぶに関しての知識はあっても困ることはありません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事