お歳暮のハムでも有名な伊藤ハム。

伊藤ハムはハムやソーセージ以外にもピザも販売していて、バリエーションも豊富でどれも本格的で美味しいという声が多いですよね。

そんな伊藤ハムのピザの賞味期限を気にすることってあまりなく、いざ食べようと思うと数日切れてしまったなんてこともありますよね。

そこで、賞味期限を切らさないよう把握するために、賞味期限について調べてみたので紹介していきますね!

賞味期限 伊藤ハム ピザ

伊藤ハムのピザの賞味期限とは?

伊藤ハムのピザには10℃以下で要冷蔵とされている「チルドタイプ」と-18℃以下で要冷凍とされている「冷凍タイプ」のピザがあるそうなんです!

そこで、タイプ別に賞味期限を書いていきたいと思います!

チルドタイプのピザの賞味期限

チルドタイプのピザの賞味期限は製造日から約14日と設定されていて、期限も余裕を持って設けられているので万が一数日切れたとしても食べるのには問題がないそうです。

しかし、開封してしまうと空気に触れて傷みやすくなるので2~3日以内と早めに食べることをおススメされているので注意してくださいね!

また、賞味期限が過ぎても保存状態がしっかりとしていれば、1ヶ月以内なら大丈夫だそうです。

人によっては半年経ってしまったもの食べても平気だったよ!という声も聞きますが、目には見えなくても傷みの具合は進んでいるので絶対に安全とは言えません。

なので、食べる際は自己責任になりますよ!

スポンサードリンク

冷凍タイプのピザの賞味期限

冷凍タイプのピザの賞味期限は1年間と長めに設定されており、過ぎても半年以内であれば食べることは出来ます。

しかし、安全に食べるのであれば2ヶ月以内に食べることをおススメします。

冷凍タイプのピザもチルドタイプと同様、賞味期限過ぎれば傷みやすい状況は変わらないので、ピザの状態をしっかりと確認してから食べるようにしてくださいね!

万が一、チルドであっても冷凍であってもカビが生えている・糸を引く(チーズでは無いもの)・異臭がする・変な味がするなどといった異常がある場合は処分してくださいね!

まとめ

伊藤ハムのピザの賞味期限はチルドタイプは14日間、冷凍タイプは1年間と思ったよりも長く持ち、しかも賞味期限が過ぎても保存状態が良く1ヶ月以内であれば食べることは出来るみたいですね。

せっかくの美味しい伊藤ハムのピザを食べるので、賞味期限内に美味しく食べるようにしたいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク