沖縄特産の島らっきょうは、栄養価が高く、健康にも良いと言われ注目を浴びています。

そんな島らっきょうの生での賞味期限はどれくらいかご存知ですか?

漬物と違って、生の島らっきょうは扱いに注意をしなければなりません。

 賞味期限 島らっきょう 生

生の島らっきょうの扱いと賞味期限

5月に旬を迎える島らっきょうですが、漬物なども色々と流通しているのですが生のままで調理に活用したいと言う方も増えています。

島らっきょうを生のままで保存する時の賞味期限と長持ちさせるための扱いについて紹介して行きます。

賞味期限

生の島らっきょうを入手して、そのまま、常温で保存をするとすぐに成長してしまいます。

購入したものの、うっかり放置をしてしまうと思いがけなく傷んでしまうこともあるわけですね。

そのためには、島らっきょうは土がついたまま新聞紙などにつつんで冷蔵庫に保存するようにしましょう。

このようにしておけば、1年程度の賞味期限を保つことも出来ます。

その時に、可能であれば立てて保存をするとより長くもたせることが出来ます。

スポンサードリンク

扱いの注意点

出来るだけ島らっきょうは土がついたままで保存するようにしましょう。

これによって成長を遅らせることが出来るからです。

また、きれいに土を落として皮を剥いてしまった場合には、生では持たせにくくなるので甘酢漬けか塩漬けにしましょう。

そのようにしておけば、3ヶ月程度は持つようになります。

冷蔵庫に入れるスペースがない場合には、庭に浅く穴を掘って軽く土をかけておけば、保存できるようになりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

島らっきょうは、生のままでは保存するのに注意を必要としますので、家庭の状況に合わせた保存方法を選ぶようにしましょう。

出来るだけ生で食べる目的で購入した場合には、土つきのままで冷蔵保存がおすすめです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事