レタスが使いきれないままに、傷ませてしまったということもありますね?

せっかく買っておいたのに、あっという間に傷んでしまうこともあり、がっかりしてしまうものです。

しかし、水っぽいレタスですが冷凍はできるのでしょうか。

また、冷凍した時に賞味期限はどれくらいだと考えられるのか気になりますね。

賞味期限 レタス 冷凍

レタスの冷凍方法と賞味期限

水分を多く含むレタスも注意を守れば冷凍保存も可能です。

ただし、賞味期限は2週間となっているので冷凍した後も計画的に使うようにしましょう。

レタスの冷凍方法と冷凍後の使い方

レタスを冷凍する時には水で洗ってから、水気をふき取り手でちぎってフリーザーバックに入れます。

たくさんある場合には、レタスを小分けして保存するようにすれば、ストック出来やすくなります。

水っぽいレタスですので、冷凍には不向きとされているものの、冷凍してからそのまま加熱する調理には向いています。

解凍をするとレタスはべちゃべちゃとした状態になってしまうので、そのまま使うようにしましょう。

スポンサードリンク

レタスを冷凍した時の賞味期限

レタスは、冷凍することは可能ですが賞味期限は2週間程度となります。

やはり、レタスそのものが水分を多く含んでいる野菜なので、短期間しか保存が出来ません。

生のままで冷凍していますが、スープや炒め物に即座に入れられるので忙しい時にも便利です。

レタスが余っている時には、このような方法で賞味期限を2週間まで伸ばすことはできます。

まとめ

ついうっかりレタスを野菜室に入れたままにしておくと傷んでしまうことがよくありますね。

このようにならないためには、レタスが冷凍保存できることを知っておけば、無駄なく使い切ることができるようになります。

傷みやすいレタスを少しでも無駄なく使い切るためには、早い段階で使う目的がなければ、冷凍保存しておくと言うのも得策ですね。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク