家庭でも手軽につくれるピクルスですが、水を使って作ると日持ちがしないので賞味期限が気になっている方も多いと言います。

実際に、水を使って作るピクルスの賞味期限はどれくらいでしょうか?

また、長持ちさせるためにはどんな点に注意したらよいでしょう。

賞味期限 ピクルス 水

水を使ったピクルスの賞味期限と注意点

家庭で作るピクルスは、水を使った場合、賞味期限は1週間から10日程度と考えられます。

しかし、ピクルスにする野菜の種類や作るときの調味液の分量、作り方によってもこの賞味期限は変わって来ます。

水を使ったピクルスで注意すること

調味液の一部に水を使うとそれだけ傷みやすくなるのは確かです。

しかし、注意点を守れば賞味期限を長くすることもできなくはありません。

水道水には雑菌がついていることが多いので、軟水のミネラルウォーターを使うと良いでしょう。

また、ピクルスにする野菜も水分の多いものですとさらに水気が薄くなってしまうので、それだけ傷みやすさはあります。

ピクルスの作り方に慣れている方であれば、中に入れる野菜に応じて水を使うか使わないかを判断することもあると言われています。

こだわって作る場合には、入れる野菜をサッとお湯にくぐらせることもあります。

スポンサードリンク

作る段階で注意すること

ピクルスを作る時には、水を使う時、使わない時に限らず、密閉容器をしっかりと煮沸消毒をしましょう。

密閉容器の底に雑菌がついているのも避けるためです。

また、密閉容器の中に調味液と野菜を入れてからも脱気を行うのが賢明です。

脱気と言うのは、瓶の内部を真空に近い状態にするために行う行為で、細菌の対策にもなります。

瓶ごと煮沸すると空気が加熱されるので膨張してきますので内圧が高まります。

その後、その空気を逃がすと真空に近い状態に出来るようになります。

まとめ

家庭でも手軽に手づくりできるピクルスは、重宝でヘルシーですが、賞味期限にはできるだけ注意をして作りたいものですね。

水を入れて作る場合には特に注意をしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク