餃子は中華料理の中でもとても人気がある料理ですよね。

焼いても美味しいですが、揚げても美味しいですし、水餃子や餃子スープも美味しいのでたくさん作っても飽きずに食べることが出来ます。

餃子は家庭で作ると結構な量が作れますが、一日で全部食べきれない時もありますよね。

特に一人暮らしの人は余ってしまうでしょう。

餃子の賞味期限はどれくらいで、長く保存するときはどうすればいいのでしょうか。
賞味期限 餃子 冷凍

餃子の賞味期限

手作りした餃子は市販の餃子の様に保存料が入っていないので日持ちしません。

時間たつとだんだん水分が出てきます。

水分が出てくると菌が繁殖しやすくなってしまいます。

手作りの餃子は常温に置いておくとすぐ水分が出てくるので冷蔵庫に保存するようにしましょう。

冷蔵庫に保存して1日くらいしか日持ちしないようです。

また、焼いて調理した後の餃子が余ってしまった時は、冷めてからラップに包んで密封できる袋に入れて空気を抜いて冷蔵庫に保存しましょう。

焼いた餃子の賞味期限は当日中かぎりぎり翌日くらいのようです。

時間がたつと餃子のパリパリ感は無くなってしまうので、出来るだけ作ったらすぐに食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

餃子は冷凍できる

餃子は沢山作って余ってしまったら冷凍すると良いようです。

餃子を冷凍するときはラップに包んで密封できるジッパーなどの袋に入れてしっかり空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。

ラップに包むときに小分けしておくと使いやすいです。

餃子は冷凍すると1カ月は保存できるようです。

冷凍餃子は使う時どのように調理すればいいのでしょうか?

調理するときは解凍せずに凍ったまま焼いていいそうです。

冷凍しておくと忙しいときにもすぐに作ることができるので便利ですね。

また、一度焼いた餃子は冷凍すると味がかなり落ちてしまうので、焼いた餃子は冷凍にむいていないようです。

まとめ

餃子の賞味期限は手作りだとあまり日持ちしないので、たくさん作りすぎた時は冷凍保存すると良いですね。

焼いた後は冷凍も向かないので食べきれる量だけ焼いて、焼いていない残りは冷凍しておきましょう。

また、冷凍するときは金属製のトレーの上にのせるとさらに劣化を防ぐことが出来るそうですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク