餃子は家庭料理でも人気メニューで良く作る人も多いと思います。

そんな時に餃子の皮とタネのどちらかが余ってしまう事ってありますよね?

後でリメイクして別の料理に使う事も出来ますが、賞味期限がどれくらいなのか気になります。

餃子の皮とタネの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

賞味期限 餃子 皮 タネ

餃子の皮とタネの賞味期限

餃子の市販の皮は袋に賞味期限が記載されているのでその期限以内に使いきるようにしましょう。

だいたい餃子の市販の皮は冷蔵保存で2週間くらいに設定されているようです。

ただ一度開封したら賞味期限に関係なくすぐに使い切らなくてはいけません。

開封した後は3日以内に使い切った方が良いでしょう。

餃子のタネはひき肉を使用しているので日持ちがしません。

ひき肉はとても傷みにくいので当日中か翌日には使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク

余った時は冷凍がオススメ

餃子の皮とタネは余った時は冷凍すると長く保存する事が出来ます。

餃子の皮は冷凍すると皮がくっついてしまう可能性がありあます。

くっつかないように一枚一枚間にクッキングシートやラップを挟んで冷凍しましょう。

また乾燥しないように密封できるジッパー等の袋に入れて空気を抜いて保存するようにしましょう。

冷凍保存すると1カ月は保存できるそうです。

解凍は冷蔵庫にいれて自然解凍が一番適しています。

餃子の皮は餃子以外にもアレンジすれば色々な使い道があります。

餃子の皮でワンタンスープやアップルパイ、ピザなどのおやつも作ることが出来ます。

餃子のタネは使いやすいように小分けしてラップに包んでから密封できるジッパーなどの袋に入れて空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。

解凍は冷蔵庫に入れて自然解凍しましょう。

餃子の具はチャーハンの具にしたり、肉団子風にしてスープに入れたり、色々な使い道があるので冷凍しておけばおかずの無いときにとても便利です。

また、冷凍するときは金属製のトレーの上にのせると劣化を防ぐことができます。

まとめ

餃子の皮とタネが余っても使い道があるので上手に保存してとっておきましょう。

すぐに使わないときは冷凍すると長く保存できるので安心です。

特に餃子のタネは日持ちしないので当日で使い切れなかったらすぐに冷凍した方が良いかもしれません。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク