パン屋さんに行くとよくフランスパンで作ったラスクが売られています。

ガーリック、シュガー、シナモンなど味の種類も色々あっておやつに調度いいのでパン屋さんに行くといくつか買う事があります。

そこで気になったのが賞味期限です。

パンは時間がたつとすぐカビが生えてくるので日持ちしないイメージがありますが、ラスクの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

賞味期限 パン屋 ラスク フランスパン

パン屋さんのラスクの賞味期限

ラスクの賞味期限は販売しているところによって違いがありますが、賞味期限を記載しているところとしていないところがあります。

だいたい製造してから2週間か3週間くらいのようです。

とても日持ちがしますね!

ただ時間がたつと風味が落ちてくるので出来るだけ早めに食べた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

ラスクはフランスパンよりもどうして日持ちするの?

フランスパンをパン屋さんで買うと美味しく食べられるのは当日が翌日くらいですが、2.3日くらいは日持ちするようです。

それに比べてもラスクはとても日持ちしますが、なぜラスクの賞味期限は長いのでしょうか?

パンは水分によってカビが生えてしまうのですが、ラスクは2度焼きしているので水分が飛んで乾燥しています。

その為カビが生えにくく普通のフランスパンよりも日持ちするそうです。

フランスパンが食べきれないときはラスクにすると良いかもしれません。

またフランスパンは食べきれないときに冷蔵保存してしまうと乾燥して固くなってしまいます。

食べきれないときは冷凍保存がオススメです。

冷凍保存するときはカットしてラップに包んでから冷凍しましょう。

冷凍すると1週間は日持ちします。

味は落ちてしまいますが、1カ月は持つようです。

カットして冷凍しておけば、解凍しなくても凍ったままのフランスパンに砂糖とバターを混ぜたクリームを塗り、トースターで焼き色がつくまで焼くとラスクが簡単に作れるそうです。

まとめ

パン屋さんでフランスパンを買った時は長くて2.3日くらいです。

ラスクはお店によって違いますが2週間~3週間日持ちすることが解りました。

また、フランスパンが食べきれないときはラスクにするか冷凍保存すると良いようです。

ラスクは家庭でも簡単作れるので、ラッピングしてプレゼントするのも良いですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク