コンビニの商品はどんどん味や種類が進化していますよね。

特にセブンイレブンは店舗が沢山あるので良く利用します。

セブンイレブンのおにぎりやパンは種類が豊富で味も美味しく好きな人が多いのではないでしょうか?

また季節に合わせた期間限定商品も沢山出ています。

節分になるとセブンイレブンでも恵方巻を販売するようになりました。

セブンイレブンの恵方巻は食べ応えがあって毎年人気があるそうです。

ただ気になるのが賞味期限です。

コンビニのおにぎりやパンの賞味期限がとても短いですよね。

セブンイレブンの商品の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

賞味期限 おにぎり パン 恵方巻 セブンイレブン

おにぎり、パン、恵方巻の賞味期限

セブンイレブンのお弁当類はほとんど賞味期限ではなく消費期限が設定されています。

おにぎりは昼便:翌日午前3時、夕便:翌日午前11時となっています。

セブンイレブンのパンは種類によって消費期限が違います。

サンドイッチなど生野菜やフルーツが入っているパンは短く、昼便:翌日午前3時 、夕便:翌日午前11時となっています。

サンドイッチでも昼便:翌日午後1時 、夕便:翌日午後7時までの商品もあります。

菓子パンや食事パンも種類によってそれぞれ違うので袋を確認してみましょう。

菓子パンや食事パンもだいたい1日~4日くらいに設定されています。

恵方巻は消費期限が昼便:翌日午前3時と設定されています。

買ったらできるだけすぐに食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

セブンイレブンなどコンビニ弁当は賞味期限が短い

セブンイレブンに限らず、コンビニで売っている商品は賞味期限が短めに設定されています。

お弁当、おにぎり、サンドイッチなどの賞味期限は翌日の午前3時か翌日のお昼頃までと書いているものが多いです。

この賞味期限は少し余裕をもって2日ほどに短く設定されているようです。

ただ常温に置いていた場合はすぐに食べましょう。

直射日光に当てずに冷蔵庫で保存していれば半日~一日過ぎても大丈夫かもしれません。

ただ賞味期限を過ぎた商品を食べる場合は自己責任です。

まとめ

コンビ二のおにぎりやパンはほとんど消費期限が翌日の午前中くらいまでのようです。

消費期限が過ぎると味も美味しくなくなるだけでなく、菌も繁殖するので出来るだけ早くに食べるようにしましょう。

賞味期限を気にする人は、おにぎりよりも菓子パンは種類によって賞味期限が少し長い商品があるのでそちらを選ぶと良いかもしれません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク