玉ねぎは野菜の中でももちが良くて使い勝手が良い野菜ですよね。

生でも火を通しても食べられて、みじん切りにしても大きく切っても食感にアクセントをくれる万能野菜ですよね。

ここでは、その中でみじん切りにした玉ねぎのおすすめの保存方法や賞味期限について詳しく紹介していきましょう。

賞味期限 玉ねぎ みじん切り 生

みじん切りにした玉ねぎのおすすめの保存方法や賞味期限

玉ねぎをみじん切りにし過ぎてしまって使い切れない時ってありますよね。

そんな時はどうやって保存するのがいいのか迷ったりしたことはありませんか?

そんな人のためにいくつかのみじん切りの玉ねぎの保存方法と賞味期限について紹介していきます。

みじん切りの玉ねぎを冷蔵庫で保存する場合

みじん切りの玉ねぎを冷蔵庫で生の状態で保存する場合は乾燥するのを防ぐためにラップで包んだりタッパーなどの密閉容器にいれて保存しましょう。

こう言った場合は3~4日程度の賞味期限を目安にしましょう。

他にもオイル漬けや酢漬けや塩漬けなどの方法をとれば1週間~2週間程度に賞味期限が延びます。

こうした場合は味がついてしまうので注意しましょう。

スポンサードリンク

みじん切りの玉ねぎを冷凍で保存する場合

みじん切りにした生の玉ねぎは冷凍で保存することもできます。

みじん切りにした玉ねぎをジップロックにいれた後に、平らにならして空気を抜いて密閉状態にします。

ジップロックに入れた玉ねぎをそのまま冷凍庫に入れるだけで保存できます。

冷凍庫にいれて保存した場合はシャキシャキした食感が感じられなくなってしまうので火を通して加熱して利用することをおすすめします。

その時は解凍せずにそのまま使いましょう。

このようにみじん切りの玉ねぎを冷凍保存した場合1ヶ月から1ヶ月半程度を目安に賞味期限と考えましょう。

まとめ

ここまで、みじん切りにした玉ねぎの保存方法や賞味期限ついて詳しく見てきました。

玉ねぎそのものは悪くなりにくい野菜なので、常温で保存することもできますがみじん切りにするとおすすめの保存方法もまた変わることがわかってもらえたと思います。

冷蔵保存や冷凍保存などをすることで賞味期限を伸ばすことも可能なので工夫して見ましょうね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク