玉ねぎは保存方法次第でかなり長持ちしてくれる野菜ですよね。

では、玉ねぎを1度に半分しか使い切れない時はどうでしょうか。

それまでと同じ保存方法や賞味期限でいいのでしょうか。

ここでは、使いかけの半分になった玉ねぎの賞味期限や保存方法を詳しく紹介していきます。

賞味期限 使いかけ 半分 玉ねぎ

使いかけの半分になった玉ねぎの保存方法や賞味期限

使いかけの半分の玉ねぎの保存方法や賞味期限について詳しく見ていきましょう。

使いかけの玉ねぎのおすすめ保存方法

半分にきった使いかけの玉ねぎは、それまでのおすすめの保存方法と違って常温で保存するのはおすすめしません。

まずは、ラップなどで切り口が空気に触れないようにしましょう。

タッパーなどの密閉容器に入れても可能です。

出来るだけ皮がついた状態で保存しましょう。

その方が水分が抜けて悪くなったり乾燥するのを防いでくれます。

そして、常温ではなく冷蔵庫の野菜室などで保存しましょう。

そうした場合は1週間~2週間程度が賞味期限の目安です。

スポンサードリンク

玉ねぎが悪くなった時の見極めポイント

ここでは、玉ねぎの見極め方のポイントをチェックしていきましょう。

玉ねぎは賞味期限が過ぎても一気に全体が悪くなったりするのではなく、徐々に変色していき一部が悪くなっていたりするのでそこを取り除けば食べられる場合もあります。

しかし食べるのはやめておいた方がいい場合もあります。

玉ねぎの賞味期限が切れて食べない方がいい場合

玉ねぎがから汁が出ていたりブヨブヨしているような水っぽい場合は玉ねぎがかなり傷んでしまっているとおもったほうがいいです。

そう言った場合はにおいがかなりきつく発せられていることがほとんどです。

そして、カビが生えていることもあるのでこのような場合は食べるのをやめてすぐに破棄してしまいましょう。

まとめ

ここまで、使いかけの半分になった玉ねぎのおすすめの保存方法や賞味期限について詳しく見てきました。

玉ねぎは長持ちする野菜ですが半分に切ってしまうと流石に半分から4分の1程度に賞味期限が短縮してしまいます。

それでも保存方法を工夫することである程度長く保存が可能なので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク