りんごは1つ1つが大きいのでいくつももらってしまうと大家族でもない限り傷む前に食べきることは相当難しく至難の技ですよね。

悩める人のためにりんごの短期的な保存方法や賞味期限と共に、出来るだけ長くりんごを保存して賞味期限を長引かせる方法を紹介したいと思います。

賞味期限 りんご 2ヶ月 半年

りんごの短的な保存方法と賞味期限

ここでは、りんごの保存方法として従来おすすめしている賞味期限を紹介していきます。

りんごのおすすめ保存方法

りんごは出来るだけ涼しいところで保存するのがオススメです。

なので秋冬でない場合は冷蔵にいれて保存しましょう。

湿度の高いところで保存する方がりんごには適しているのでりんご1つ1つをそれぞれ新聞紙やラップで包んで袋にいれて冷蔵庫に入れるといいでしょう。

ちなみに、りんごは冷凍保存には向いていない果物なので生食で食べる場合は冷凍保存はおすすめしません。

りんごの賞味期限

上記で説明した保存方法の場合大体1ヶ月位、うまくいけば2ヶ月程度の賞味期限と言われています。

スポンサードリンク

りんごを出来るだけ長期的に保たせたい場合の保存方法や賞味期限

りんごは保存方法をしっかりすれば果物とは思えないほど長く賞味期限を保たせることも可能です。

りんごを長期的に保存する場合

りんごを長期的に保たせるには光と温度が鍵になってきます。

まず各々のりんごを新聞紙などに包んだ後、黒くて光を通さないような袋にいれて空気を極力抜いて袋をしっかり縛ってしまいましょう。

カゴなどにいれて縁の下や屋外などの涼しい場所におきましょう。

このように保存した場合3ヶ月、4ヶ月程度はもちきちんとこの状態を保つと半年以上保たせることも可能になります。

大量にもらって、加工せずにりんごそのものをどうしても食べたい人はこの方法を試して見ましょう。

ちょくちょく取り出しにいっても、また元の状態に戻しておけば保存は可能です。

まとめ

ここまで、りんごを長期的に賞味期限をのばす保存方法について紹介してきました。

試したらミツもそのままで甘くて美味しいままだったという声もあります。

しかし、絶対ということはありませんので試して見て悪くなってしまった場合はどこがダメだったか考えて工夫を重ねるといいかもしれません。

鍵になるのは光と温度ですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事