りんごはとても甘くて美味しい果物ですが、1度に箱で沢山もらったりしてしまうとよほどの大家族でもない限り、悪くなる前に食べるためにどうするか悩んでしまいますよね。

ここではそんなりんごのおすすめの保存方法や賞味期限について詳しく紹介していこうと思います。

賞味期限 りんご 常温 冷蔵庫

りんごのおすすめ保存方法

りんごには保存方法が様々ありますが、おすすめのものも含めて紹介していきます。

りんごの常温保存

りんごは夏場などの常温での保存は殆どできませんが気温が下がってきている季節の場合は常温保存も可能です。

その場合は、冷暗所など日の当たらない18度以下の涼しめの場所で保存しましょう。

新聞紙で2、3個ずつ、ラップなどで1個ずつ包んで袋にいれて密閉して保存すると更に良いです。

りんごの冷蔵保存

りんごは0度~10度で保存するのが最も適した保存方法だと言われています。

なので冷蔵庫にいれて保存するのが良いです。

りんごはエチレンガスというガスを発します。

このガスは他の食材を早く傷ませてしまうことがあるので、りんごは野菜室などに入れる時は新聞紙や密閉できる袋にいれて保存しましょう。

スポンサードリンク

りんごの賞味期限

りんごの保存方法別で賞味期限を紹介していきます。

常温保存した場合

りんごはそもそも常温保存にむいているものではないのでおよそ1週間程度風味が落ちてくると言われておりその後1週間程度たった2週間が賞味期限の目安と考えましょう。

冷蔵保存した場合

冷蔵保存が最も適した保存方法なので2週間から1ヶ月という賞味期限になります。

空気に晒さないようによほどの工夫をした場合に2ヶ月から3ヶ月、中には半年程経っているのにりんごが傷んでいなかったという話もあるので長期間かけて食べたいという人の場合は色々試してみる価値はあるかもしれません。

まとめ

ここまでりんごについて、保存方法や賞味期限についていくつか見てきました。

常温の保存は季節によっては可能なようですが出来るだけ、冷蔵庫で保存した方が長期的に傷まないので自分がどの程度保たせたいのか、何に使いたいのか考えて保存方法を変えてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事