カリフラワーと言えばブロッコリーに近い形で違う点の一つは緑ではなく真っ白いところですね。

しかもカリフラワーは様々な野菜と違い、かなり傷みやすい野菜として有名です。

しばらく放置したらあっという間に変色をしてしまいます。

保存が大切な野菜ですね。

そんなカリフラワーはいろんな料理としても活躍します。

それはサラダだったり野菜スープだったりその他だったりといろいろです。

そしてそんなカリフラワーの美味しく茹でる方法をご存知ですか?

さらにカリフラワーは傷みやすいと言われているけど、具体的に賞味期限はどれぐらいなのか気になる方もいますよね。

今回はそのカリフラワーについて説明したいと思います。

賞味期限 茹で カリフラワー

カリフラワー

カリフラワーは傷みやすい野菜です。

そのまま冷蔵庫に入れても長くは持ちません。

もしカリフラワーをそのまま保存する場合はカリフラワーの周りにある余分な葉を落とします。

そして次に、軽く湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。

これがカリフラワーの賞味期限を延ばす方法の一つです。

大体三日ぐらい持つと言われています。

もしこれ以上長くしたい場合には茹でた後に冷凍することをお勧めします。

スポンサードリンク

カリフラワーを茹でる

カリフラワーの賞味期限を延ばす方法に冷凍と言う方法があります。

ただし冷凍する前に茹でて滅菌する必要があります。

大体一分ぐらいで良いでしょう。

その後、ザルにあげて水気をきり、キッチンペーパーでさらに水気を拭き取り、冷凍させます。

これで約一か月ぐらい持つと言われています。

まとめ

カリフラワーは様々な野菜料理に使われますが、同時に傷みやすい野菜ともいわれています。

その野菜をできるだけ長持ちするためには冷蔵させる方法があります。

それ以上の場合は茹でて滅菌を行う加熱処理をした後に急速冷凍させます。

これで約一か月は持つと言われています。

興味ある方は試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事