レバーと言えばレバーを使用した料理の中にレバニラや焼肉、焼き鳥や甘煮なんかもあります。

今日のスーパーや商店街の肉屋には、数々のレバーがあります。

それは鶏のレバーや豚のレバーとかありますよね。

今回紹介するのは牛肉のレバーについてです。

みなさんは牛のレバーと言ったらどんな料理を思い浮かべますか?

牛レバーのステーキ。

牛レバーの野菜炒め。

レバーを牛乳に漬け、片栗粉をまぶして焼いた後タレを絡めるだけのレバーソテーもおいしいですよね。

このようにいろいろ料理に使用されます。

そして気になる牛レバーの賞味期限はどれぐらいなのか。

今回はその牛レバーについて説明したいと思います。

賞味期限 牛 レバー

牛レバーの特徴

牛レバーは鉄分が多く、栄養も豊富です。

そんなレバーはいろんな料理として使用されますが、気になるレバーの賞味期限は気になりますよね?

賞味期限

一般的にレバーの賞味期限は保存環境にもよりますが大体二、三日ぐらいしかないと言われています。

そのレバーをそれなりに長期として保存する場合はスーパーや肉屋に行って新鮮なレバーを見分ける必要があります。

新鮮な特徴は鮮やかな赤みがあり、お肉がぷりぷりしている場合は鮮度が良いと言われています。

逆に、お肉が白く濁っているものは古くなっている可能性がありますのでご注意を。

保存法ですが、冷蔵庫に入れるのと冷凍庫に入れるのとでは断然賞味期限が違ってきます。

レバーを冷凍庫に入れた場合、賞味期限は一か月ぐらい持つと言われています。

スポンサードリンク

まとめ

レバーはいろんな料理の食材として使用されます。

そして栄養も豊富なため、食べ過ぎると血糖値も上がりすぎるかもしれませんね。

そんなレバーを長く保存したい場合は新鮮なレバーを選びましょう。

新鮮なレバーほど賞味期限が伸びて、おいしいレバーを食べることが出来ます。

そしてお肉を冷蔵庫に入れる場合は冷凍庫に入れたほうが賞味期限が伸びます。

レバーは好き嫌いが激しいでしょう。

でも工夫次第で嫌いな人でも美味しく食べれるようにすることができます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事