今日で売られている食品はいろいろありますよね。

それは魚介類や野菜。

そして王道のお肉です。

お肉は家庭でいろんな料理に食材として使用されます。

それはハンバーグに焼肉、レバニラとかもあります。

今回はレバーを使ったお肉の話をします。

レバーを食材として使用する料理にはいろいろありますね。

それは焼肉や中華料理のレバニラがあります。

そして煮込みの鶏レバーの甘辛煮があります。

食べたことある方はわかると思いますが美味しいですよね。

ついつい食べ過ぎちゃいます。

でもたまに残してしまう場合があるでしょう。

気になるのは賞味期限です。

鶏レバーの甘辛煮を残した後、保存期間はどれぐらいだろう?

今回はその甘煮について説明したいと思います。

賞味期限 レバー 煮込み

鶏レバーの甘辛煮の保存

その日の夕食を食べ終えた後、夕食に出したレバーの煮込みが残ってしまいました。

その煮込みを冷蔵庫に入れて保存する場合、賞味期限はどれぐらい持つのか気になる方もいるでしょう。

スポンサードリンク

基本的に二、三日は持つ

大体そういった物は二、三日ぐらいは持つと言われています。

そして一番良い保存の仕方は甘煮を小分けにした後に保存することです。

冷蔵庫の場合味付けにもよりますが、大体二、三日です。

ですが冷凍庫に入れた場合は一か月ぐらい持つと言われています。

長期保存を視野に入れた場合、これなら冷凍庫に入れたほうがお得ですね。

家庭で試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

レバーはいろんな量にの食材として使用されます。

そのうちの一つはレバーの甘煮ですね。

甘煮はご飯とも合うのでよだれが出てしまいそうです。

そんな甘煮を残してしまうとちょっともったいないと思うでしょう。

その場合は冷蔵庫に入れて保存をしましょう。

これで大体二、三日は持ちます。

それ以上を視野に入れている場合は冷凍庫に入れることをお勧めします。

なぜならこれで一か月は持っちゃいます。

でもレバーは基本的には作った日にすぐ食べ切ったほうが良いでしょう。

その方がおいしいですので。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク